赤線地帯(1956年 溝口健二監督)

公開日: 更新日:
発売元/角川書店 2012年 (C)株式会社KADOKAWA

女の喜怒哀楽を凝縮させた溝口監督の遺作

 赤線は国が認めた売春街。1958年の売春防止法によって姿を消した。本作はこの法律が国会で議論されるさなか、東京・吉原の売春宿「夢の里」で働く女たちを描く群像劇だ。

 人物造形が素晴らしい。下駄職人との結婚を夢みて吉原を去りながら、牛馬のようにこき使…

この記事は会員限定です。
日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マツコ「ホンマでっか」降板 カネより義理、裏方との関係

  2. 2

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  3. 3

    原監督はG史上最多の1067勝 なぜ他からオファーがない?

  4. 4

    ジャパンライフ詐欺は安倍‐菅案件 行政大甘対応の根源

  5. 5

    自民党総裁選 カッコ悪い大人たちにど汚いもの見せられた

  6. 6

    平沢復興相 前首相の私怨で冷遇…入閣に“故郷”は冷めた声

  7. 7

    山口達也容疑者の飲酒事故がTOKIO松岡の仕事に影を落とす

  8. 8

    自民コロナ陽性も濃厚接触者ゼロ 保健所“上級国民”優遇か

  9. 9

    実父は有名な成功者 菅首相は苦労人どころか“お坊ちゃん”

  10. 10

    瀬戸大也がラブホ不倫…妻が本紙に語っていた献身ぶり

もっと見る