井筒和幸
著者のコラム一覧
井筒和幸映画監督

1952年12月13日、奈良県出身。県立奈良高校在学中から映画製作を始める。75年にピンク映画で監督デビューを果たし、「岸和田少年愚連隊」(96年)と「パッチギ!」(04年)では「ブルーリボン最優秀作品賞」を受賞。歯に衣着せぬ物言いがバラエティ番組でも人気を博し、現在は週刊誌やラジオでご意見番としても活躍中。

旧作のDVDを再点検した 来年は小生も映画を撮ってみるか

公開日: 更新日:

 結局、日馬富士も引退か。暴行が騒がれなければ旧態依然の世界。うやむやになって、彼も平然と横綱を続けるつもりでいたのかと思うと、相撲は何のため、誰のためにあるスポーツなのかと考えてしまった。

 あのモンゴル人力士同士の酒席で、さて、ヤツらが何のことで…

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  2. 2

    石田純一引退危機 視聴者と業界の目に映った利己的TV出演

  3. 3

    支持率20%台の危険水域 安倍首相「8.24退陣説」囁かれる

  4. 4

    京大准教授「ソーシャルディスタンス2m必要なし」の根拠

  5. 5

    小泉今日子が国会議員になる日 湧き上がる政界進出待望論

  6. 6

    別居情報を払拭?福山雅治の妻・吹石一恵の幸せ自粛ライフ

  7. 7

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  8. 8

    真中満は打撃センスもさることながら要領の良さも天下一品

  9. 9

    シースルー防護服の下は水着…男性患者には「大きな支援」

  10. 10

    石田純一は沖縄で女性と会食…東尾理子激怒で三くだり半か

もっと見る