大高宏雄
著者のコラム一覧
大高宏雄映画ジャーナリスト

アイドルからスターへ 木村&二宮が光る「検察側の罪人」

公開日: 更新日:

 木村拓哉二宮和也が主演した「検察側の罪人」がヒットスタートを切った。最終で興収30億円も視野に入る。緊迫感あふれる力作だが、ストーリーとは別に感じたことがある。これは、まぎれもないスター映画である、ということだ。

 日本映画では、人気アイドルを起用することでヒットする作品は結構あるが、スター映画のくくりで大きな支持を得る作品は最近ではめっきり減った。アイドル映画は、ある特定のファンが中心だ。それに対し、スター映画は不特定多数の人々を相手にする。

 木村と二宮は、これまでアイドル的な人気でヒット作を何本も送り出してきた。だが、2人はすでにアイドルの域を脱している。年長の木村は、昨年の「無限の住人」ではアイドル以降の立ち位置を模索し続けている感があったが、「検察側の罪人」はそれを吹っ切る糸口をつかんだのではないだろうか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    芸能界ケンカ最強候補だった渡瀬恒彦は女に手を出すのも…

  2. 2

    手を出す? 俺にとって麗子はストライクゾーンに入らない

  3. 3

    松方弘樹は釣りと並んで女にも入れあげて力いっぱい生きた

  4. 4

    河井夫妻“選挙買収”捜査本腰へ急展開 落選議員が検察援護

  5. 5

    嵐・櫻井の婚前旅行の報道にファンの反応が冷ややかなワケ

  6. 6

    「麒麟がくる」大コケ予想で三谷幸喜にすがるNHKの哀れ

  7. 7

    不倫報道のJr.を“一罰百戒” 滝沢秀明副社長いきなり正念場

  8. 8

    「恋つづ」佐藤健に挑む上白石萌音が宮崎美子に見えるワケ

  9. 9

    為末大と大迫傑が噛みついた「箱根駅伝」解体の“Xデー”

  10. 10

    ディストピアを現実化 安倍政権の正体を忘れてはいけない

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る