大高宏雄
著者のコラム一覧
大高宏雄映画ジャーナリスト

アイドルからスターへ 木村&二宮が光る「検察側の罪人」

公開日:

 木村拓哉と二宮和也が主演した「検察側の罪人」がヒットスタートを切った。最終で興収30億円も視野に入る。緊迫感あふれる力作だが、ストーリーとは別に感じたことがある。これは、まぎれもないスター映画である、ということだ。

 日本映画では、人気アイドルを起用することでヒットする作品は結構あるが、スター映画のくくりで大きな支持を得る作品は最近ではめっきり減った。アイドル映画は、ある特定のファンが中心だ。それに対し、スター映画は不特定多数の人々を相手にする。

 木村と二宮は、これまでアイドル的な人気でヒット作を何本も送り出してきた。だが、2人はすでにアイドルの域を脱している。年長の木村は、昨年の「無限の住人」ではアイドル以降の立ち位置を模索し続けている感があったが、「検察側の罪人」はそれを吹っ切る糸口をつかんだのではないだろうか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  10. 10

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

もっと見る