大高宏雄
著者のコラム一覧
大高宏雄映画ジャーナリスト

アイドルからスターへ 木村&二宮が光る「検察側の罪人」

公開日:

 木村拓哉と二宮和也が主演した「検察側の罪人」がヒットスタートを切った。最終で興収30億円も視野に入る。緊迫感あふれる力作だが、ストーリーとは別に感じたことがある。これは、まぎれもないスター映画である、ということだ。

 日本映画では、人気アイドルを起用することでヒットする作品は結構あるが、スター映画のくくりで大きな支持を得る作品は最近ではめっきり減った。アイドル映画は、ある特定のファンが中心だ。それに対し、スター映画は不特定多数の人々を相手にする。

 木村と二宮は、これまでアイドル的な人気でヒット作を何本も送り出してきた。だが、2人はすでにアイドルの域を脱している。年長の木村は、昨年の「無限の住人」ではアイドル以降の立ち位置を模索し続けている感があったが、「検察側の罪人」はそれを吹っ切る糸口をつかんだのではないだろうか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  3. 3

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  4. 4

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  5. 5

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  6. 6

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  7. 7

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

  8. 8

    ケータイ料金節約のコツは「通話が多いか否か」で決める

  9. 9

    英国「合意なきEU離脱」直撃 業績悪化危機の日系企業21社

  10. 10

    虎ファンのヤジもどこ吹く風 阪神ドラ1近本の意外な評判

もっと見る