「検察側の罪人」原田監督語る 木村拓哉の演技と籠絡テク

公開日: 更新日:

 例年以上に粒ぞろいで賑わいを見せる夏映画にあって、注目度ナンバーワンは今週24日に封切られる「検察側の罪人」だろう。木村拓哉(45)と二宮和也(35)の映画初共演作。監督・脚本は原田眞人氏(69)だ。妥協を許さない厳格な仕事ぶりで知られるが、今回は主演の木村に「籠絡された」という。コワモテ監督を軟化させた行動とは――。

 原作の雫井脩介氏の同名小説は単行本で500ページ超に及ぶ長編だ。それでも読後から「イケる」と確信した。原田監督が描きたかったテーマに通じるからだ。

「いまの司法制度にはさまざまな問題があり、そのことを描こうとすれば、正義の問題にぶち当たる。しかもそれはエモーショナル(感情的)な部分に頼るしかない。そんな以前から考えていたことと原作の共通点を見いだすのはそう時間はかかりませんでした。改めて、少年犯罪や冤罪事件、戦争犯罪など日本人が関わった案件の資料を読み漁る中で、1944年、日本軍が決行したインパール作戦がひとつの核になると思った。そのあとはどんどんイメージが膨らんでいったんです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  2. 2

    杏と東出は別居…ドラマ共演で結婚した夫婦が離婚するワケ

  3. 3

    東出昌大“針のムシロ”長期化 良きパパのイメージが致命傷

  4. 4

    東出の不倫発覚で…杏を苛む“浮気のトラウマ”と“男性不信”

  5. 5

    CM降板も…東出昌大「引退危機」不倫疑惑で視聴者総スカン

  6. 6

    東出昌大“裏の顔”浮き彫りに 子育ておろか家事もせず不倫

  7. 7

    兜町は戦々恐々 新型肺炎拡大で日経平均2万円割れに現実味

  8. 8

    日曜朝にTBS「サンモニ」が醸す安心感 人気継続2つの理由

  9. 9

    杉田水脈議員「夫婦別姓ヤジ」で安倍首相お膝元に雲隠れ

  10. 10

    背筋が凍る動機と金満 河井案里1億5000万円は政権の致命傷

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る