「検察側の罪人」原田監督語る 木村拓哉の演技と籠絡テク

公開日: 更新日:

 例年以上に粒ぞろいで賑わいを見せる夏映画にあって、注目度ナンバーワンは今週24日に封切られる「検察側の罪人」だろう。木村拓哉(45)と二宮和也(35)の映画初共演作。監督・脚本は原田眞人氏(69)だ。妥協を許さない厳格な仕事ぶりで知られるが、今回は主演の木村に「籠絡された」という。コワモテ監督を軟化させた行動とは――。

 原作の雫井脩介氏の同名小説は単行本で500ページ超に及ぶ長編だ。それでも読後から「イケる」と確信した。原田監督が描きたかったテーマに通じるからだ。

「いまの司法制度にはさまざまな問題があり、そのことを描こうとすれば、正義の問題にぶち当たる。しかもそれはエモーショナル(感情的)な部分に頼るしかない。そんな以前から考えていたことと原作の共通点を見いだすのはそう時間はかかりませんでした。改めて、少年犯罪や冤罪事件、戦争犯罪など日本人が関わった案件の資料を読み漁る中で、1944年、日本軍が決行したインパール作戦がひとつの核になると思った。そのあとはどんどんイメージが膨らんでいったんです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    Koki,世界モデル挑戦へ キムタク残し母・工藤静香と移住か

  2. 2

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  3. 3

    菅首相が“国際的な赤っ恥”…バイデン新政権から訪米拒否

  4. 4

    菅野美穂「ウチカレ」不評…“恋愛の神様”はオワコンなのか

  5. 5

    五輪に執着する菅政権に自民OBが怒り「総入れ替えが必要」

  6. 6

    元WBO世界王座・山中竜也さん おにぎり界の王者を目指す

  7. 7

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  8. 8

    渡部恒雄氏「バイデンはポピュリズムの熱狂を地道に冷ましていく」

  9. 9

    南ア型「変異種」市中感染の恐怖 抗体もワクチンも効かず

  10. 10

    桑田真澄に“鬼と仏”の二面性 PL学園、巨人時代の後輩語る

もっと見る