キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

公開日: 更新日:

 8月4日、木村拓哉がV6三宅健生田斗真ら後輩を引き連れ、西日本豪雨で多大な被害を受けた広島・呉市を訪れた。「Johnny’s Smile UP! Project」と書かれたおそろいの帽子とTシャツを着用したキムタクご一行は現地の小学校で炊き出しを行い、被災者と写真を撮り、サインをするなど気さくに対応した。その様子は翌日のワイドショーでも流され、「さすがキムタク」と持ち上げられていた。だが、一方で現地のこんな声もある。

「今必要なのは炊き出しよりもかき出し。たまった泥のかき出しなどの労働力です。被災地を訪ねてくれるのはありがたいけど、取材するマスコミもいるから道路は渋滞するし、作業は滞るし」

 キムタクは24日に嵐の二宮和也と初共演した映画「検察側の罪人」が公開される。その完成披露試写会で「昨日、一昨日と(被災地で)食料を手渡してきました。今日は『検察側の罪人』という作品を手渡すことができてうれしい」とコメントしたが、炊き出しと映画を一緒にするのはどうなのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    斎藤幸平氏 ウィズコロナで考える“資本主義ではない”社会

  2. 2

    8歳で来日したサヘル・ローズさん 母と日本で極貧の日々も

  3. 3

    つるの剛士Twitter「リスト」流出 ネットがザワついた中身

  4. 4

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  5. 5

    松岡茉優 初主演「カネ恋」好発進も気の毒な“3つのハンデ”

  6. 6

    自民党総裁選で乱発 「共通の価値観」を唱和するお笑い

  7. 7

    静かに確実に忍び寄る…「1999年 ITバブル崩壊」の再来

  8. 8

    山下智久が来月にも活動再開…怪しくなってきた海外の仕事

  9. 9

    <後>天敵・菅首相の「デジタル庁」に完敗した小池都知事

  10. 10

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

もっと見る