中川翔子に聞いた仕事の流儀 「好き」をあきらめず全力で

公開日: 更新日:

 中川翔子(33)は「好き」を仕事にする天才だ。〈芸能界一のサブカル女子〉と紹介されることも珍しくないが、大ファンだというマーベル・コミックの仕事も舞い込んだ。2日に公開された映画「ヴェノム」(トム・ハーディ主演)の吹き替え版でヒロインの声を担当しているのだ。「好き」に囲まれて自分らしく仕事を続ける秘訣とは――。

  ◇  ◇  ◇

「人生の最っ高のご褒美。あの世に行ってもうれしくて反芻していると思います」

 マーベル組の一員に加わった喜びを目を輝かせながら話す。すでに全世界で興行収入5億ドル(約550億円)を突破した作品の日本語版。ヒロインの声を演じる際に大事にしたのは観客目線だ。

「芸能人が挑戦しました、みたいな仕上がりにはしたくない。映画を見ているのに中川翔子の顔が浮かんでしまうようではダメだって思っていました。でも、選んでいただいたからには、私がやる意味も持たせなければならない。個性を排除する部分とそうでない部分、その落としどころをずっと模索していました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    元手100万円が6年で“億り人” お笑い芸人はなぜ投資家に?

  2. 2

    一気にレギュラー3本消滅 有吉弘行は賞味期限切れなのか?

  3. 3

    豪華主演で注目!10月スタート秋ドラマの見どころを一挙に

  4. 4

    「出欠の返事ない人は椅子と食事持参で」の招待状が大ウケ

  5. 5

    少女のレモネードスタンドにバイク野郎が大挙した感動秘話

  6. 6

    藤原紀香vs天海祐希「サザエさん」主演で明暗くっきり?

  7. 7

    藤原紀香と“共演NG” 天海佑希以外にも挙がった女優の名前

  8. 8

    聴覚障害少女が初の空の旅…乗務員の深い心配りに賞賛の声

  9. 9

    専門家も指摘 千葉・台風被害の迅速復旧を妨げる行政怠慢

  10. 10

    その男性はなぜ見知らぬ少女の誕生日ケーキ代を払ったのか

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る