タモリ&マツコに再び接触 NHK紅白の水面下で“仰天プラン”

公開日:

 今年も残すところ2カ月余りだが、NHK上層部が頭を抱えている。いまだに看板番組であるNHK紅白歌合戦の方向性や演出プランが定まっていないというのだ。

「出場者は最悪何とかなるとして、一番は紅白を彩る演出プランです。これまでは朝ドラやコント番組『LIFE!』に乗っかる形で幕あいを乗り切ってきたが今回は本当にしんどい。そもそも一連のキャスティングを担当してきた敏腕プロデューサーがつい先ごろ、セクハラ疑惑で番組を外されてしまった。プランは文字通りゼロベースです」(NHK関係者)

 もっとも、手をこまねいているわけではない。昨年は土壇場になってウッチャンナンチャンの内村光良(54)を総合司会に担ぎ出し急場をしのいだが、「評判が良かったため、今年もキャスティングする方向で動いています。ただし、現状では色よい返事は来ていない。内村は基本、家族主義。妻である徳永有美アナ(43)が『報道ステーション』(テレビ朝日系)に復帰したため、休みが取れるのが年末年始だけ。だから紅白に出る余裕がないというんです」(前出の関係者)。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  2. 2

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  5. 5

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    事件、退所、病気…ジャニーズ内の光と影が鮮明だった一年

  9. 9

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  10. 10

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

もっと見る