交際継続の長谷川博己も好調 気になる鈴木京香の“マダム”力

公開日: 更新日:

 昨年末に一部で破局説が報じられた女優の鈴木京香(50)と俳優、長谷川博己(42)の交際は、どうやら継続していたようだ。

「週刊文春」(2月28日号)は、1月26日、長谷川が朝ドラ「まんぷく」(NHK)の撮影を大阪で終えた後、東京・渋谷区の京香のマンションへ向かうところをキャッチ。続く「女性自身」(3月26日号)も、長谷川の42歳の誕生日である今月7日、同じマンションへ向かう様子を押さえ、一夜明けた8日、そこから長谷川が主演する2020年のNHK大河ドラマの発表会見に向かうところを直撃した。いずれも長谷川からは交際に関してハッキリした回答は得られていない。さらに「女性自身」は大河の撮影が京都で行われることに合わせて、京香が京都市郊外の閑静な住宅街に瀟洒な一軒家を借りたと報じている。

 2010年にドラマ「セカンドバージン」(NHK)での共演がきっかけで急接近した2人は11年に交際が発覚。その後、「入籍間近」「破局」「事実婚を選択」「双方の両親に挨拶は済ませている」などと報じられてきた。現在も「長谷川の大河が一段落したところで入籍」という見方もある。スポーツ紙芸能デスクはこう話す。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    私情や保身を優先する愚かさ 野党結集を邪魔する“新6人衆”

  2. 2

    「欅坂46」長濱ねる ファンは感じていた卒業発表の“予兆”

  3. 3

    「超面白かった」宇多田ヒカルは直撃取材直後にブログ更新

  4. 4

    テレ朝が異例抜擢 元乃木坂46斎藤ちはるアナの評判と実力

  5. 5

    JOC竹田会長辞任決意のウラ側 “国内引きこもり”が決定打

  6. 6

    “黒塗り違法”判決にもダンマリ…財務省の呆れた隠ぺい体質

  7. 7

    HISの澤田秀雄会長はなぜ50億円の詐欺話に引っかかった

  8. 8

    酒気帯びで自殺説まで…ビートたけし「バイク事故」の衝撃

  9. 9

    防衛大で“異次元”と訓示 安倍政権で防衛予算10兆円の恐怖

  10. 10

    母・光子さんの陰で…フィルムに焼き付いた宮沢りえの“闇”

もっと見る