• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

大河主役で機は熟した? 長谷川博己&鈴木京香の結婚Xデー

 俳優、長谷川博己(41)が絶好調だ。10月1日スタートのNHK連続テレビ小説「まんぷく」で、女優・安藤サクラ(32)が演じるヒロイン福子の夫役を務めることが決まっていたが、2020年のNHK大河ドラマ「麒麟がくる」の主演にも抜擢。

「まんぷく」は5月から撮影がスタートして約10カ月続く長丁場。その撮影の終了直後から大河の撮影準備に入るという超ハードスケジュールだ。

「10月スタートの朝ドラの制作はNHK大阪局。約半年ほど、ほとんど大阪で生活することになります。大河ドラマ『麒麟がくる』は明智光秀主人公の戦国時代劇なので殺陣や乗馬の訓練も必要ですから、今後は寝る間もない忙しさのはずです」(テレビ誌ライター)

 長谷川は一昨年公開の出演映画「シン・ゴジラ」が大ヒットするなど30代になってからブレーク。20代のときには何度も朝ドラのオーディションに落選して涙をのんだという。その朝ドラ出演に続く大河ドラマ主演である。いまや日本を代表する役者のひとりに成長したといえるだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  2. 2

    “被害者”が激白 塚原夫妻の無責任指導とでっち上げの実態

  3. 3

    東京、神奈川、四国…“地方票”石破氏の猛追に安倍陣営焦り

  4. 4

    体操協会なぜ切れず? 塚原夫妻“職務一時停止”本当の目的

  5. 5

    交通遺児に残された亡父の車を競売に…劇的展開に感動の嵐

  6. 6

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  7. 7

    海外では国民が猛反発…「年金改悪」日本だけがやすやすと

  8. 8

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  9. 9

    最下位転落はすぐそこ…DeNAラミ監督の続投に2つの条件

  10. 10

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

もっと見る