大河主役で機は熟した? 長谷川博己&鈴木京香の結婚Xデー

公開日:

 俳優、長谷川博己(41)が絶好調だ。10月1日スタートのNHK連続テレビ小説「まんぷく」で、女優・安藤サクラ(32)が演じるヒロイン福子の夫役を務めることが決まっていたが、2020年のNHK大河ドラマ「麒麟がくる」の主演にも抜擢。

「まんぷく」は5月から撮影がスタートして約10カ月続く長丁場。その撮影の終了直後から大河の撮影準備に入るという超ハードスケジュールだ。

「10月スタートの朝ドラの制作はNHK大阪局。約半年ほど、ほとんど大阪で生活することになります。大河ドラマ『麒麟がくる』は明智光秀主人公の戦国時代劇なので殺陣や乗馬の訓練も必要ですから、今後は寝る間もない忙しさのはずです」(テレビ誌ライター)

 長谷川は一昨年公開の出演映画「シン・ゴジラ」が大ヒットするなど30代になってからブレーク。20代のときには何度も朝ドラのオーディションに落選して涙をのんだという。その朝ドラ出演に続く大河ドラマ主演である。いまや日本を代表する役者のひとりに成長したといえるだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  2. 2

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  5. 5

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  6. 6

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  7. 7

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  8. 8

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

もっと見る