大河主役で機は熟した? 長谷川博己&鈴木京香の結婚Xデー

公開日:

 俳優、長谷川博己(41)が絶好調だ。10月1日スタートのNHK連続テレビ小説「まんぷく」で、女優・安藤サクラ(32)が演じるヒロイン福子の夫役を務めることが決まっていたが、2020年のNHK大河ドラマ「麒麟がくる」の主演にも抜擢。

「まんぷく」は5月から撮影がスタートして約10カ月続く長丁場。その撮影の終了直後から大河の撮影準備に入るという超ハードスケジュールだ。

「10月スタートの朝ドラの制作はNHK大阪局。約半年ほど、ほとんど大阪で生活することになります。大河ドラマ『麒麟がくる』は明智光秀主人公の戦国時代劇なので殺陣や乗馬の訓練も必要ですから、今後は寝る間もない忙しさのはずです」(テレビ誌ライター)

 長谷川は一昨年公開の出演映画「シン・ゴジラ」が大ヒットするなど30代になってからブレーク。20代のときには何度も朝ドラのオーディションに落選して涙をのんだという。その朝ドラ出演に続く大河ドラマ主演である。いまや日本を代表する役者のひとりに成長したといえるだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  2. 2

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  3. 3

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  4. 4

    日ハム吉田輝星の原点 「投球フォーム」に託した父の願い

  5. 5

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  6. 6

    玉城デニー沖縄知事の訪米に官邸・外務省が“横ヤリ”疑惑

  7. 7

    声優・落合福嗣「下町ロケット」出演で個性派俳優の道も?

  8. 8

    「イッテQ」疑惑で日テレ冬の時代へ…構造的問題の指摘も

  9. 9

    都内のスーパーで特売品を 安室奈美恵「引退後2カ月」の今

  10. 10

    遠藤憲一はなぜ“Vシネ横綱”竹内力&哀川翔を凌駕できた?

もっと見る