ラサール石井
著者のコラム一覧
ラサール石井タレント

1955年、大阪市出身。本名・石井章雄(いしい・あきお)。鹿児島ラ・サール高校から早大に進学。在学中に劇団テアトル・エコー養成所で一期下だった渡辺正行、小宮孝泰と共にコント赤信号を結成し、数多くのバラエティー番組に出演。またアニメの声優や舞台・演劇活動にも力を入れ、俳優としての出演に留まらず、脚本・演出も数多く手がけている。石井光三オフィス所属。

伊東四朗さん6年ぶり座長公演 不世出の芸をご堪能ください

公開日: 更新日:

 今月26日から始まる伊東四朗生誕!?80+3周年記念公演「みんながらくた」の稽古中である。私は演出と、そして出演もさせていただいている。前回同じく演出した「吉良ですが、なにか?」が77歳のときであるから、実に6年ぶりの座長公演である。

 あれから三宅裕司さんとのコント公演はあったものの、お芝居はなく、ああ、もう共演はかなわないのかと半ば諦めていたのだが、私を含めた周囲の熱い期待に応えていただき、このたびの公演となった。

 それでも2年前に企画を立ち上げた時は、「この先に自分がどうなっているか全く想像できないから確約はできない」とおっしゃり、「80歳を越えるとね、60代、70代では考えられないことが起こるんだ」と慎重な姿勢であったが、今やまったく年齢を感じさせない元気さで稽古に臨まれている。

 もちろん確かに若い頃に比べれば、年相応に感じることはある。しかし、ひとたびエンジンがかかれば、たたずまいや声の張りも10歳以上若やいで、変わらぬ面白さとこちらが思わずうなる演技を見せてくださる。何よりも稽古場におけるたたずまいが格好いい。多くを語らず、後輩や若手に「こうしたほうがいい」などと賢しらに口を挟むこともない。台本に余計なセリフを加えたり変えたりせず、忠実に演じ、それがまた思わず噴き出すほど面白い。ギャグではなく「こんにちは」と言うだけでもなぜか笑わされてしまう。そして自分の稽古が終わったらさささっと机を片付け、さあっと風のようにお帰りになる。まるでひと仕事終えたスナイパー、ゴルゴ13のようなのである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    推定390億円とも…創価学会が太閤園を高く買い取ったワケ

  3. 3

    高級住宅街「成城学園前」が“昭和のお屋敷街”に衰退する日

  4. 4

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  5. 5

    眞子さまは駆け落ち婚も覚悟?あえて危ない橋を渡る生き方

  6. 6

    解決金でも払拭されない?世論が懸念する小室家の嫁姑問題

  7. 7

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  8. 8

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  9. 9

    NiziUミイヒ出動でも爆発できず J.Y.Parkの手腕に疑問の声

  10. 10

    大谷モテモテでメディア大騒ぎ 米国人気質が人気に追い風

もっと見る