ラサール石井
著者のコラム一覧
ラサール石井タレント

1955年、大阪市出身。本名・石井章雄(いしい・あきお)。鹿児島ラ・サール高校から早大に進学。在学中に劇団テアトル・エコー養成所で一期下だった渡辺正行、小宮孝泰と共にコント赤信号を結成し、数多くのバラエティー番組に出演。またアニメの声優や舞台・演劇活動にも力を入れ、俳優としての出演に留まらず、脚本・演出も数多く手がけている。石井光三オフィス所属。

市井の人々の“つぶやき”から生まれる一人一人のドラマに涙

公開日: 更新日:

 コロナ禍で舞台の仕事がなくなり、空いた時間でユーチューブの生配信を始めて早いもので半年になる。

 日曜を除く毎朝6時の配信は、体はキツいがもう日課になった。前の日からの記事やツイッターから目を引くものをネタにしゃべるのだが、名もなき人のつぶやきに感動させられる時がある。

 あるお母さんのつぶやき。 

「今、息子を連れてスーパーにきてるんやけど、行く道中でおばあちゃんが倒れてて」

 彼女はコロナのこんな時期だからと一度は通り過ぎるものの、やはり気になり引き返して助けたら心肺停止。すぐにAEDを装着し救急車を呼ぶ。

「息子にも念の為、離れさせておいたが、寒い中、お腹すいてるのにありがとう。息子、『ママ、助かるかな?』と心配そう」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    麻生財務相「一律10万円再給付ない」発言に若者も怒り心頭

  2. 2

    子飼い河野氏が担当相 菅政権ワクチン信仰に不都合な事実

  3. 3

    田中に楽天復帰報道 それでもメジャー続行これだけの根拠

  4. 4

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  5. 5

    河野行革相なのにワクチン担当兼務 菅首相の真の狙いは

  6. 6

    森七菜にチラつくステージママの影 囁かれる開店休業危機

  7. 7

    桑田真澄に“鬼と仏”の二面性 PL学園、巨人時代の後輩語る

  8. 8

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  9. 9

    森七菜「電撃移籍」の真相 “恩人の死”引き金で実母が暗躍

  10. 10

    森七菜はまだマシ?ステージママは売れる前にわが子を潰す

もっと見る