追悼・桂ざこば師匠 本紙連載「ほんならな‼」で痛快なキレたエピソードを披露

公開日: 更新日:

 入れてもらったお茶を巡って、嫁さんと言い争いになった桂ざこば師匠がこうキレられる。

「ほんなら、自分で入れなはれ」

 先週12日、ざこば師匠が亡くなった。師匠に2015年7月から1年間(52回)にわたって連載していただいたが、そのタイトルは師匠がいかにも言いそうなフレーズ「ほんならな!!」だった。

 連載の最後も「ほんならな!!」で締めくくってくれた。

「ほんならな」はだからさあとか、それじゃあという意味だろうか。師匠は元祖キレ芸というか、怒るイメージがあるが、ズバズバものを言ってるだけで腹に一物がまったくない人だった。

 連載では師匠らしい言い回し、キレたエピソードも多かった。

 酒かと思って飲んでいたのが実は焼酎の瓶に入れておいた水。それをロックで飲んでいたら嫁さんに指摘され、気がついた師匠、「言い訳するのもケッタクソ悪い。大きな声で『水!』と言い返した」。

 愛煙家の師匠、「この際ハッキリと、愛煙家の立場から文句を言わせてもらいます」。たばこの税収が2兆3838億円もあることを指摘、禁煙の風潮が蔓延していることに対して、「そんな貴重(?)な“納税者”を、アンタらは一体どう思うてまんねん!?」と怒りを爆発させた。

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    美川憲一「もういいわ」和田アキ子「ありえない」…切り捨てた重鎮に見捨てられたNHK紅白の末路

  2. 2

    「重圧は言い訳にならない」とバッサリ、体操界レジェンド池谷幸雄氏が語る「エース不在」の影響

  3. 3

    オリンピアンの大甘同情論に透ける「特権意識」…血税注ぎ込まれているだけに厳罰必至の当然

  4. 4

    悠仁さまが“定員3人”の狭き門・筑波大AC入試も余裕でクリアできるワケ…9月初めにも明らかに?

  5. 5

    体操界は飲酒喫煙「常態化」の衝撃…かつてスポンサー企業もブチギレていた!

  1. 6

    パリ五輪辞退の宮田笙子は再起できるのか…境遇が重ねられるバトミントン桃田賢斗はその後

  2. 7

    ひっそりと存在消された NHK“車上不倫”人気アナカップル

  3. 8

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  4. 9

    美川憲一がジャニー氏性加害問題に言及した重み…“オネエキャラ”転身までの苦難の道のり

  5. 10

    スピードワゴン小沢一敬は松本人志と一蓮托生で復帰不可能か…幸せの骨頂の相方とは絶望的格差