上田勝彦さん<1>水産庁での午後3時 「魚、行ってきます」

公開日: 更新日:

 トレードマークは、白長靴と首のタオル。長崎大学水産学部時代は、船長の家に泊まり込みで漁に出たという。漁師スタイルは筋金入りで、27歳のときに水産庁に入庁する。その後、豊富な魚の知識と抜群の料理の腕前で注目されると、マスコミにもたびたび登場。自ら「常識は気にしない」という魚の伝道師は、どこまでも型破りな霞が関ライフを送っていた。

 船長のシイラ漁を継いで漁師になるか、漁協に就職するか。将来のことについて船長に相談すると、「オマエは大学を出るんだから、中央に行って漁師の役に立つことをやってこい」と背中を押された。準備ゼロで公務員試験に臨んだところ、「13人中13番目」で滑り込む。1991年、27歳だった。

「あのころはバブルの余韻があったからね。留年したオレより先にコンサル会社に就職した友人の月給は、2年目で70万円だった。みんな給料のいい民間を目指したから、公務員が不足していたんだろうね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    吉本批判でも24時間ランナー 近藤春菜にあがる“怨嗟の声”

  2. 2

    相場低迷でウマ味 三菱UFJの配当金は普通預金利息の5000倍

  3. 3

    韓国が切り札で反撃 安倍首相の嘘が招いた“東京五輪潰し”

  4. 4

    ロンブー淳が明かす「山本太郎に口説かれたこともある」

  5. 5

    甲子園ドラフト候補「行きたい球団」「行きたくない球団」

  6. 6

    タレント松尾伴内さんの念願はNY生活 28歳の頃からの憧れ

  7. 7

    元巨人・二岡智宏さんは独立L富山の監督で優勝を目指す

  8. 8

    北朝鮮ミサイル発射を傍観するトランプ大統領“本当の狙い”

  9. 9

    靖国参拝で改めて認識 進次郎氏の軽薄さとメディアの劣化

  10. 10

    専門家が分析 米中貿易戦争に負けない力強い日本企業59社

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る