上田勝彦さん<1>水産庁での午後3時 「魚、行ってきます」

公開日: 更新日:

 トレードマークは、白長靴と首のタオル。長崎大学水産学部時代は、船長の家に泊まり込みで漁に出たという。漁師スタイルは筋金入りで、27歳のときに水産庁に入庁する。その後、豊富な魚の知識と抜群の料理の腕前で注目されると、マスコミにもたびたび登場。自ら「常識は気にしない」という魚の伝道師は、どこまでも型破りな霞が関ライフを送っていた。

 船長のシイラ漁を継いで漁師になるか、漁協に就職するか。将来のことについて船長に相談すると、「オマエは大学を出るんだから、中央に行って漁師の役に立つことをやってこい」と背中を押された。準備ゼロで公務員試験に臨んだところ、「13人中13番目」で滑り込む。1991年、27歳だった。

「あのころはバブルの余韻があったからね。留年したオレより先にコンサル会社に就職した友人の月給は、2年目で70万円だった。みんな給料のいい民間を目指したから、公務員が不足していたんだろうね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ゴタゴタ続き…阪神低迷の“A級戦犯”フロントが抱える問題

  2. 2

    埼玉大・高端准教授が警鐘「自助、共助」を強調する危うさ

  3. 3

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  4. 4

    菅新内閣の不真面目3閣僚 デジタル担当相はワニ動画で物議

  5. 5

    巨人FA補強に浮上する「第3の男」 菅野メジャー流出濃厚で

  6. 6

    ドラ1候補・明石商中森の母が明かす プロ志望表明の舞台裏

  7. 7

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  8. 8

    優香に女優復帰待望論 衰えぬ美貌で深キョンもタジタジ?

  9. 9

    松田聖子40周年で根性のフル回転…唯我独尊貫くエピソード

  10. 10

    虎糸井もはや不良債権 去就はドラフトでの近大・佐藤次第

もっと見る