上田勝彦さん<1>水産庁での午後3時 「魚、行ってきます」

公開日:

 トレードマークは、白長靴と首のタオル。長崎大学水産学部時代は、船長の家に泊まり込みで漁に出たという。漁師スタイルは筋金入りで、27歳のときに水産庁に入庁する。その後、豊富な魚の知識と抜群の料理の腕前で注目されると、マスコミにもたびたび登場。自ら「常識は気にしない」という魚の伝道師は、どこまでも型破りな霞が関ライフを送っていた。

 船長のシイラ漁を継いで漁師になるか、漁協に就職するか。将来のことについて船長に相談すると、「オマエは大学を出るんだから、中央に行って漁師の役に立つことをやってこい」と背中を押された。準備ゼロで公務員試験に臨んだところ、「13人中13番目」で滑り込む。1991年、27歳だった。

「あのころはバブルの余韻があったからね。留年したオレより先にコンサル会社に就職した友人の月給は、2年目で70万円だった。みんな給料のいい民間を目指したから、公務員が不足していたんだろうね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  2. 2

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  5. 5

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    事件、退所、病気…ジャニーズ内の光と影が鮮明だった一年

  9. 9

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  10. 10

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

もっと見る