破綻確実なのに問題先送り 年金制度は国家的詐欺だ

公開日: 更新日:

「100年安心」どころか、年金制度はすでに破綻しているのではないか。厚労省が3日に発表した公的年金の財政検証の結果にはガク然としてしまう。

 田村厚労相は「一定程度、年金の安定性が保たれていると確認できた」とかホザいていたが、逆だろう。安定性は保てないことがハッキリしたのだ。

 自公政権は、現役世代の手取り収入と比べた年金支給額の割合(所得代替率)が50%以上の水準を維持することを約束しているが、この試算を見る限り、無理だ。

 試算では、内閣府の経済財政見通しをベースに、条件を入れ替えた8パターンを提示。女性や高齢者の労働市場への参入が大幅に進み、経済成長が続いた場合、2040年代以降も、所得代替率が50.6~51.0%を維持できるとしている。それでも現在の62.7%から大幅に目減りするのだが、低成長が続けば、55年度には積立金が枯渇し、所得代替率は39%まで下がるという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    専門家も警鐘 南海トラフ巨大地震“前兆”続々発生の不気味

  2. 2

    相次ぐ噴火で火山灰蓄積…“災害級”冷夏の到来を専門家が指摘

  3. 3

    やはり“首相案件”「毎月勤労統計」賃金カサ上げのシナリオ

  4. 4

    良好な経済指標ズラリ 民主党政権は本当に“悪夢”だったか

  5. 5

    安倍首相イージス・アショア導入は「自宅から通えるから」

  6. 6

    嘘とごまかしだらけ…安倍化した日本はかなり劣化した

  7. 7

    結果が出る前に…安倍政権は沖縄県民投票“ガン無視”モード

  8. 8

    フジ宮司アナは“夜の女神”へ…トップクラスの美貌とMC技術

  9. 9

    陸自の特殊作戦群の創始者が語る「武」を放棄した国の哀れ

  10. 10

    テレ朝・弘中綾香アナ“最大の武器”はマイペースと強心臓

もっと見る