日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

破綻確実なのに問題先送り 年金制度は国家的詐欺だ

「100年安心」どころか、年金制度はすでに破綻しているのではないか。厚労省が3日に発表した公的年金の財政検証の結果にはガク然としてしまう。

 田村厚労相は「一定程度、年金の安定性が保たれていると確認できた」とかホザいていたが、逆だろう。安定性は保てないことがハッキリしたのだ。

 自公政権は、現役世代の手取り収入と比べた年金支給額の割合(所得代替率)が50%以上の水準を維持することを約束しているが、この試算を見る限り、無理だ。

 試算では、内閣府の経済財政見通しをベースに、条件を入れ替えた8パターンを提示。女性や高齢者の労働市場への参入が大幅に進み、経済成長が続いた場合、2040年代以降も、所得代替率が50.6~51.0%を維持できるとしている。それでも現在の62.7%から大幅に目減りするのだが、低成長が続けば、55年度には積立金が枯渇し、所得代替率は39%まで下がるという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事