ネットに溢れる五輪“非公式”エンブレムが採用望み薄なワケ

公開日:  更新日:

 ネット上は“非公式エンブレム”が花盛りだ。佐野研二郎氏(43)がデザインした東京五輪の公式エンブレムが撤回されて以降、腕に自信のある人々がエンブレムを勝手に制作し、ツイッターなどに公開する動きが活発化している。

 なかでも注目を集めているのが、お笑いコンビ「キングコング」の西野亮廣(35)が自身のツイッターに公開した作品で、ネットの住人からは「天才」「秀逸」など絶賛の声が巻き起こっている。

「残念ながら、ひとたびネット公開したエンブレムが正式採用される可能性は極めて低い」と言うのは、知的財産権に詳しい鈴木崇裕弁護士だ。こう続ける。

「今や世界の誰もがネットにアクセスできる時代です。優れた作品ほどオープンにしてしまうと、悪意を持った第三者がそれを見て、勝手にどこかの国に商標出願し、不正に権利を取得しかねません。“使用するなら権利を買い取れ”と法外な金額を吹っかけてくる恐れもあります。訴訟などを通じて著作権を証明することは可能ですが、五輪の公式エンブレムは、あらゆる国のあらゆるスポンサーが使えることが大前提。無用なトラブルを抱える恐れのある作品が選ばれないのは当然でしょう」

 本気で公式エンブレムの座を狙うのなら、ネット公開は自殺行為にもなりなねないということだ。能ある鷹は、やはりツメを隠すべきなのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  3. 3

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  4. 4

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  5. 5

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    経団連会長が転換 「原発どんどん再稼働」に飛び交う憶測

  8. 8

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  9. 9

    アニキが勧誘も…前広島・新井が「阪神コーチ」断っていた

  10. 10

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

もっと見る