ネットに溢れる五輪“非公式”エンブレムが採用望み薄なワケ

公開日: 更新日:

 ネット上は“非公式エンブレム”が花盛りだ。佐野研二郎氏(43)がデザインした東京五輪の公式エンブレムが撤回されて以降、腕に自信のある人々がエンブレムを勝手に制作し、ツイッターなどに公開する動きが活発化している。

 なかでも注目を集めているのが、お笑いコンビ「キングコング」の西野亮廣(35)が自身のツイッターに公開した作品で、ネットの住人からは「天才」「秀逸」など絶賛の声が巻き起こっている。

「残念ながら、ひとたびネット公開したエンブレムが正式採用される可能性は極めて低い」と言うのは、知的財産権に詳しい鈴木崇裕弁護士だ。こう続ける。

「今や世界の誰もがネットにアクセスできる時代です。優れた作品ほどオープンにしてしまうと、悪意を持った第三者がそれを見て、勝手にどこかの国に商標出願し、不正に権利を取得しかねません。“使用するなら権利を買い取れ”と法外な金額を吹っかけてくる恐れもあります。訴訟などを通じて著作権を証明することは可能ですが、五輪の公式エンブレムは、あらゆる国のあらゆるスポンサーが使えることが大前提。無用なトラブルを抱える恐れのある作品が選ばれないのは当然でしょう」

 本気で公式エンブレムの座を狙うのなら、ネット公開は自殺行為にもなりなねないということだ。能ある鷹は、やはりツメを隠すべきなのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山口達也再逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  2. 2

    巨人FA補強に浮上する「第3の男」 菅野メジャー流出濃厚で

  3. 3

    8歳で来日したサヘル・ローズさん 母と日本で極貧の日々も

  4. 4

    つるの剛士Twitter「リスト」流出 ネットがザワついた中身

  5. 5

    斎藤幸平氏 ウィズコロナで考える“資本主義ではない”社会

  6. 6

    もし万が一、照ノ富士2場所連続Vなら大関復帰させてやれよ

  7. 7

    箱根駅伝は無観客開催…背後に透ける「傲慢とカネと宣伝」

  8. 8

    松岡茉優 初主演「カネ恋」好発進も気の毒な“3つのハンデ”

  9. 9

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  10. 10

    巨人余剰戦力「ロッテ澤村に続け」とトレード志願が殺到中

もっと見る