ネットに溢れる五輪“非公式”エンブレムが採用望み薄なワケ

公開日: 更新日:

 ネット上は“非公式エンブレム”が花盛りだ。佐野研二郎氏(43)がデザインした東京五輪の公式エンブレムが撤回されて以降、腕に自信のある人々がエンブレムを勝手に制作し、ツイッターなどに公開する動きが活発化している。

 なかでも注目を集めているのが、お笑いコンビ「キングコング」の西野亮廣(35)が自身のツイッターに公開した作品で、ネットの住人からは「天才」「秀逸」など絶賛の声が巻き起こっている。

「残念ながら、ひとたびネット公開したエンブレムが正式採用される可能性は極めて低い」と言うのは、知的財産権に詳しい鈴木崇裕弁護士だ。こう続ける。

「今や世界の誰もがネットにアクセスできる時代です。優れた作品ほどオープンにしてしまうと、悪意を持った第三者がそれを見て、勝手にどこかの国に商標出願し、不正に権利を取得しかねません。“使用するなら権利を買い取れ”と法外な金額を吹っかけてくる恐れもあります。訴訟などを通じて著作権を証明することは可能ですが、五輪の公式エンブレムは、あらゆる国のあらゆるスポンサーが使えることが大前提。無用なトラブルを抱える恐れのある作品が選ばれないのは当然でしょう」

 本気で公式エンブレムの座を狙うのなら、ネット公開は自殺行為にもなりなねないということだ。能ある鷹は、やはりツメを隠すべきなのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    ワイセツ行為された球児は50人以上 再逮捕された甲子園出場校コーチの卑劣手口

    ワイセツ行為された球児は50人以上 再逮捕された甲子園出場校コーチの卑劣手口

  2. 2
    鈴木杏樹「4000円ラブホ不倫」から1年半… 五十路のセクシー路線で本格再始動

    鈴木杏樹「4000円ラブホ不倫」から1年半… 五十路のセクシー路線で本格再始動

  3. 3
    ワクチン接種完了でも「150日間で死者10万人超」の衝撃予測! 行動制限を緩和して大丈夫なのか?

    ワクチン接種完了でも「150日間で死者10万人超」の衝撃予測! 行動制限を緩和して大丈夫なのか?

  4. 4
    不調の中田翔&丸の代わりが「39歳ベテラン」という巨人のお寒い現実、若手はどうした?

    不調の中田翔&丸の代わりが「39歳ベテラン」という巨人のお寒い現実、若手はどうした?

  5. 5
    大谷翔平のハートに移籍願望の火!エ軍のPS進出は絶望的、本塁打王争うゲレロとは雲泥の差

    大谷翔平のハートに移籍願望の火!エ軍のPS進出は絶望的、本塁打王争うゲレロとは雲泥の差

もっと見る

  1. 6
    宮迫博之の大誤算…TVキー局は“吉本忖度”でソッポ、炎上商法でマスコミからも総スカン

    宮迫博之の大誤算…TVキー局は“吉本忖度”でソッポ、炎上商法でマスコミからも総スカン

  2. 7
    日大背任事件の2億円不正流出先は? ドン宅に続き「アベ友」の医療法人に特捜ガサ入れ

    日大背任事件の2億円不正流出先は? ドン宅に続き「アベ友」の医療法人に特捜ガサ入れ

  3. 8
    二刀流で結果残す大谷翔平に冷ややかな視線…気になる他球団投手陣からのやっかみ

    二刀流で結果残す大谷翔平に冷ややかな視線…気になる他球団投手陣からのやっかみ

  4. 9
    ゆきぽよTVから消滅…再起誓うも「もう見たくない」の声

    ゆきぽよTVから消滅…再起誓うも「もう見たくない」の声

  5. 10
    “甘ちゃん”阪神「規定違反」のツケ!自業自得のドラフト戦略見直し、厳重注意の天理より度し難い

    “甘ちゃん”阪神「規定違反」のツケ!自業自得のドラフト戦略見直し、厳重注意の天理より度し難い