日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

外需依存体質を直撃する「通貨スワップ協議」の中断

ソウル市内でのデモは今も続く(C)AP

 慰安婦像の騒動は、韓国経済に影を落としている。

 国際的な合意をアッサリ反故にされた日本政府は、対抗措置として日韓通貨スワップ協議の中断、駐韓大使の一時帰国、そしてハイレベル経済協議の延期などを決めた。

 日本の“報復…

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事