高野孟
著者のコラム一覧
高野孟ジャーナリスト

1944年生まれ。「インサイダー」編集長、「ザ・ジャーナル」主幹。02年より早稲田大学客員教授。主な著書に「ジャーナリスティックな地図」(池上彰らと共著)、「沖縄に海兵隊は要らない!」、「いま、なぜ東アジア共同体なのか」(孫崎享らと共著」など。メルマガ「高野孟のザ・ジャーナル」を配信中。

菅首相にとって「進むも地獄、退くも地獄」のデッドライン

公開日: 更新日:

 米国の新型コロナ対策の総指揮官であるファウチ国立アレルギー感染症研究所所長は、トランプ前大統領が振りまくフェイク情報を公然と批判し、「バカ者」などと罵られ、辞任圧力までかけられても臆せずにその姿勢を貫いた。そのため、一部の狂信的な支持者を除く大半の国民は、トランプのデタラメさをますますはっきりと知るようになり、そのことが昨秋大統領選でのトランプ敗退の一因となったといわれている。

 さてそこで、我が国の「専門家」代表として菅義偉首相の記者会見などでも常に横にいて、紙がないとしゃべれない菅を補佐してきた尾身茂新型コロナウイルス感染症対策分科会会長は、果たして「日本のファウチ」になれるのかどうか。その天下分け目の勝負どころが10日後に迫ってきた。

 東京・大阪・沖縄などの緊急事態宣言と埼玉・千葉・神奈川などのまん延防止措置の期限が一斉に訪れるのが6月20日で、それが東京五輪開会式の33日前。それまでに「コロナ禍はほぼ克服した」と内外に向かって堂々と宣言できる状況がつくれれば、五輪開催に突き進むことができるかもしれない。が、あと10日間でその状況をつくり出すことは誰が考えても無理なので、菅はおそらく例えば東京について緊急事態宣言をまん延防止措置に切り替えるなどして、事態が改善に向かっているかのように説明し、五輪中止の判断を下すことを回避しようとするだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    丸川五輪相“ああ勘違い”空回り 妄言連発に自民からも苦言

  2. 2

    中村アンvs石原さとみ 話題の“ショートカット対決”の行方

  3. 3

    小室圭さんが享受する”特権待遇”は眞子さまとの結婚後も

  4. 4

    「安心安全とは?」の本紙質問に橋本組織委会長の“迷回答”

  5. 5

    テレ朝斎藤アナ“お泊まり愛”のお相手 TBS小林廣輝アナって

  6. 6

    「恋ぷに」大苦戦の石原さとみが日テレに抱いた深い不信感

  7. 7

    石原さとみ「結婚」でもキャラ変できず…北川景子との明暗

  8. 8

    小池女帝「都議選惨敗データ」に真っ青…都ファ30減の衝撃

  9. 9

    自民・武井俊輔議員「当て逃げ事故」の真相 被害者が語る

  10. 10

    「コロナは風邪」で入院 旧N国党首は自分の常識を疑え

もっと見る