日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

練習でミス連発 体操・内村にのしかかる「団体金」の重圧

 練習で尻もちをついたことがニュースになる。体操の日本男子エース内村航平(27)の実力はそれだけ世界でも群を抜いているということだが、「ちょっとおかしいのは事実です」と現地取材ライターがこう続ける。

「本番前の最初で最後の会場練習が行われた3日(日本時間4日)に、ゆか運動でミスを連発しました。ひねり技の途中でバランスを崩し、あおむけで転倒。その後も着地で尻もちをつくなど、精彩を欠きました。練習で大きなミスが続くのはまれ。足首の故障説も取り沙汰されましたけど、メンタル面が大きいような気がします。現地入りする前からずっと気負いが感じられましたから」

 前回ロンドン大会の個人総合で金メダルに輝いた内村は、世界選手権の個人総合も6連覇中。世界最強の名をほしいままにする王者は、最大の目標を「団体優勝」と公言し続けている。五輪初出場となった08年の北京から、団体は2大会連続の2位。昨年の世界選手権の団体総合で37年ぶりとなる優勝を果たしたことで、リオ五輪では悲願の金メダルが目標から責務になった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事