• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

内村航平のリオ五輪に「懸念3つ」 元金メダリストが指摘

「リオ五輪の日本選手で、最も金メダルが濃厚」と見られているのが内村航平(27)の個人総合だ。

 何しろ世界選手権では6連覇、前回のロンドン五輪でも金メダル。過去のライバルたちは「この競技はメダルが2つしかない」と言って金を諦めていたという。

 そんな内村に懸念材料はないのか。モントリオール五輪体操男子団体金メダルの五十嵐久人氏(元新潟大教授)は、「ぜひ金メダルを取って欲しいし、最有力候補であることは間違いないですが」と前置きしてこう続ける。

「私が気になっていることは3つある。まず、内村選手ほどの一流選手でも、調子のピークを長期間保つことはできません。本番にピークが来るようにしっかり調整できるかということ。2つ目は、ライバル国の若手がグングン伸びているという話が入ってきていることです。昨年の世界選手権(内村92.332点)でも、3位の鄧書弟選手(中国)は90点を超えている。僅差の戦いになった時、平常時のような演技ができるか。3つ目は、団体成績の影響です。内村選手は44年ぶりとなる個人総合の連覇より『04年アテネ大会以来となる団体での金メダルが目標』と言い続けてきた。その思いはよくわかる。団体決勝は個人総合決勝の2日前にある。団体で思うような成績をあげられなかった時、落ち込むことはないか」

 このようなことは杞憂に終わってほしいが、前回大会でも内村選手は鉄棒、あん馬で落下した。五輪は独特な雰囲気で、いつ何が起こるかわからない。

「少なくとも、万全の状態で現地に入って欲しいものです」とは五十嵐氏だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お酌は一切させず 麻木久仁子さんが見たタモリの“別の顔”

  2. 2

    引っ越す度にゾ~…松原タニシ怖くて貧しい事故物件暮らし

  3. 3

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  4. 4

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  5. 5

    虐待問題解決の本質とは 黒川祥子さんが取材経験から語る

  6. 6

    通信機器宣伝マンから再出発 “ギター侍”波田陽区さんは今

  7. 7

    セネガルを苦しめるも…日本があと一歩で勝ちきれない要因

  8. 8

    退所しても人気絶大 ジャニーズは3日やったらやめられない

  9. 9

    国会大幅延長は安倍3選のためか 総裁選工作に血税90億円

  10. 10

    ゲストプレー中もパット練習…男子ツアーを貶める片山晋呉

もっと見る