内村航平のリオ五輪に「懸念3つ」 元金メダリストが指摘

公開日: 更新日:

「リオ五輪の日本選手で、最も金メダルが濃厚」と見られているのが内村航平(27)の個人総合だ。

 何しろ世界選手権では6連覇、前回のロンドン五輪でも金メダル。過去のライバルたちは「この競技はメダルが2つしかない」と言って金を諦めていたという。

 そんな内村に懸念材料はないのか。モントリオール五輪体操男子団体金メダルの五十嵐久人氏(元新潟大教授)は、「ぜひ金メダルを取って欲しいし、最有力候補であることは間違いないですが」と前置きしてこう続ける。

「私が気になっていることは3つある。まず、内村選手ほどの一流選手でも、調子のピークを長期間保つことはできません。本番にピークが来るようにしっかり調整できるかということ。2つ目は、ライバル国の若手がグングン伸びているという話が入ってきていることです。昨年の世界選手権(内村92.332点)でも、3位の鄧書弟選手(中国)は90点を超えている。僅差の戦いになった時、平常時のような演技ができるか。3つ目は、団体成績の影響です。内村選手は44年ぶりとなる個人総合の連覇より『04年アテネ大会以来となる団体での金メダルが目標』と言い続けてきた。その思いはよくわかる。団体決勝は個人総合決勝の2日前にある。団体で思うような成績をあげられなかった時、落ち込むことはないか」

 このようなことは杞憂に終わってほしいが、前回大会でも内村選手は鉄棒、あん馬で落下した。五輪は独特な雰囲気で、いつ何が起こるかわからない。

「少なくとも、万全の状態で現地に入って欲しいものです」とは五十嵐氏だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  2. 2

    大阪W選は自民リード…松井一郎氏“落選危機”で維新真っ青

  3. 3

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  4. 4

    不倫訴訟報道の後藤真希…ブログの私生活も虚像だったのか

  5. 5

    “安倍1強”に早くも暗雲 参院選の「前哨戦」で自民敗北危機

  6. 6

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  7. 7

    下方修正なのに…月例経済報告「緩やかに景気回復」の大嘘

  8. 8

    白髪イチローの衰えた姿に身震いするような色気を感じる

  9. 9

    JOC後任会長の最有力 山下泰裕氏の評判と“先祖返り”懸念

  10. 10

    20代美女と醜聞発覚 田原俊彦の“業界評”が真っ二つのワケ

もっと見る