体操・内村 リオ五輪「最大の敵」はブラジルの熱狂応援

公開日: 更新日:

「自分の体調さえ良ければ、おのずといい演技ができると思う」――。

 男子体操の内村航平(27)が、リオ五輪での個人総合連覇に自信を見せた。

 31日はリオ五輪代表選考会を兼ねた全日本選手権の公式練習に臨み、約2時間の調整を行った。すでに代表が内定している内村は予選を回避して決勝のみ出場する。

 内村はここ2~3年、大会前にはコンディション維持に気を配っているそうで、今回決勝一本に絞ったのは「リオ五輪での決勝にピークを持っていけるようにするため」(内村)の「予行演習」だという。

 内村は6種目(床、あん馬、跳馬、平行棒、つり輪、鉄棒)全てにおいて安定した演技が持ち味だ。調子のピークさえ合わせれば、表彰台の真ん中に立つ可能性は十分にある。

 今後は「(5月の)NHK杯が終わって、休んでから(五輪までに)調子を上げようと計画している」と話したが、内村にとってはコンディション維持よりも、本番でいかに集中力を保てるかが連覇のカギを握る。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    主演映画が大コケ…高橋一生は「東京独身男子」で見納めか

  2. 2

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  3. 3

    好調"月9"を牽引 本田翼が放つ強烈オーラと現場での気配り

  4. 4

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  5. 5

    帰化決意の白鵬が狙う理事長の座 相撲界を待つ暗黒時代

  6. 6

    安倍首相に怯える公明 増税延期解散なら小選挙区壊滅危機

  7. 7

    女子高生のスカート丈は景気とリンク 令和は長いor短い?

  8. 8

    主演「特捜9」が初回首位 V6井ノ原快彦が支持されるワケ

  9. 9

    モデルMALIA.はバツ4に…結婚・離婚を繰り返す人の共通項

  10. 10

    専門家が分析「亀と山P」春ドラマ対決の“勝者”はどっち?

もっと見る