体操・内村 リオ五輪「最大の敵」はブラジルの熱狂応援

公開日: 更新日:

「自分の体調さえ良ければ、おのずといい演技ができると思う」――。

 男子体操の内村航平(27)が、リオ五輪での個人総合連覇に自信を見せた。

 31日はリオ五輪代表選考会を兼ねた全日本選手権の公式練習に臨み、約2時間の調整を行った。すでに代表が内定している内村は予選を回避して決勝のみ出場する。

 内村はここ2~3年、大会前にはコンディション維持に気を配っているそうで、今回決勝一本に絞ったのは「リオ五輪での決勝にピークを持っていけるようにするため」(内村)の「予行演習」だという。

 内村は6種目(床、あん馬、跳馬、平行棒、つり輪、鉄棒)全てにおいて安定した演技が持ち味だ。調子のピークさえ合わせれば、表彰台の真ん中に立つ可能性は十分にある。

 今後は「(5月の)NHK杯が終わって、休んでから(五輪までに)調子を上げようと計画している」と話したが、内村にとってはコンディション維持よりも、本番でいかに集中力を保てるかが連覇のカギを握る。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    織田組長の絆會が近く解散を発表か 山健組の分裂話も浮上

  2. 2

    第2、第3どころか…木下優樹菜引退の裏にいる「4人の男」

  3. 3

    上昌広氏が“夜の街”叩きに警鐘「感染が蔓延するパターン」

  4. 4

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  5. 5

    安倍首相の熊本視察にブーイング…惨事便乗“成功体験”崩壊

  6. 6

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

  7. 7

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

  8. 8

    小池都政に隠蔽発覚「コロナ感染予測文書」を破棄していた

  9. 9

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  10. 10

    一部のファンとの紐帯も切れた暴力団・山口組のやりっ放し

もっと見る