体操・内村 リオ五輪「最大の敵」はブラジルの熱狂応援

公開日: 更新日:

「自分の体調さえ良ければ、おのずといい演技ができると思う」――。

 男子体操の内村航平(27)が、リオ五輪での個人総合連覇に自信を見せた。

 31日はリオ五輪代表選考会を兼ねた全日本選手権の公式練習に臨み、約2時間の調整を行った。すでに代表が内定している内村は予選を回避して決勝のみ出場する。

 内村はここ2~3年、大会前にはコンディション維持に気を配っているそうで、今回決勝一本に絞ったのは「リオ五輪での決勝にピークを持っていけるようにするため」(内村)の「予行演習」だという。

 内村は6種目(床、あん馬、跳馬、平行棒、つり輪、鉄棒)全てにおいて安定した演技が持ち味だ。調子のピークさえ合わせれば、表彰台の真ん中に立つ可能性は十分にある。

 今後は「(5月の)NHK杯が終わって、休んでから(五輪までに)調子を上げようと計画している」と話したが、内村にとってはコンディション維持よりも、本番でいかに集中力を保てるかが連覇のカギを握る。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小金沢昇司の芸能プロが倒産!負債額6200万円、御大・北島三郎の苦言を聞いておけばよかった

  2. 2

    「やっぱり離婚」で気になる市村正親の体力と篠原涼子の女優の価値

  3. 3

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  4. 4

    【バド】桃田賢斗に「裸の王様」と指摘する声…予選敗退は“まさか”ではなく必然だったか

  5. 5

    “バブル崩壊”の証拠画像!柔道「銀」のジョージア代表ご一行が東京タワーに出没

  6. 6

    “キツい顔”今田美桜は宝くじCMでコメディエンヌの才能を開花させた

  7. 7

    メダルラッシュでも広告入らず…東京五輪スポンサー大手紙の誤算

  8. 8

    【卓球】シングルス惨敗の要因は「Tリーグ」か…中国は徹底した防御策を敷いてきた

  9. 9

    抗体カクテル「ロナプリーブ」の実力は? 菅首相の唐突宣言で注目、新型コロナから国民を救えるのか 

  10. 10

    ワクチン前倒し要請はスルーされ…菅さんも河野さんも使えないったらないのだけれど

もっと見る