体操ニッポン リオ団体メダルの色は「つり輪」で決まる

公開日:  更新日:

「スペシャリストとして自信を持って臨みたい」――。

 リオ五輪代表最終選考会を兼ねた体操の全日本種目別選手権(4日~、東京・代々木体育館)が開幕する。2日は公式練習が行われ、白井健三(19)が初の代表入りに意欲を見せた。

 体操の男子代表5人のうち、すでに内村航平(27)、加藤凌平(22)の2人が内定。今大会では種目別のスペシャリスト3人を選ぶ。床と跳馬を得意とする白井、14年世界選手権(中国)個人総合銅メダルの田中佑典(26)の代表入りはほぼ確実。残りの1枠は、跳馬、あん馬のスペシャリストが選ばれる見込み。団体で金メダルを獲得した昨年の世界選手権メンバー中心のチーム構成になる。

 だが、団体金を目指す日本の鍵を握るのは、エース内村の総合力でもなく、白井による最高難度の跳馬、床でもない。他の5種目に比べて突出した選手がいないつり輪だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  2. 2

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  5. 5

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  6. 6

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  9. 9

    市場に流れる日産「上場廃止」説 “積極退場”の仰天情報も

  10. 10

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

もっと見る