WBCで世界一“奪”も決意 ハム大谷は早くもブルペン投球

公開日:  更新日:

 日本ハムの大谷翔平(22)が3月のWBCへの意気込みを、漢字1文字で「奪」と書いた。

 20日に都内で行われた「J SPORTS 開局20周年プレス発表会」に西武の秋山(同左)と出席。2人はWBCの侍ジャパンのメンバーに選出されている。「奪」とした理由について、「とにかく勝ちたい。(前回)負けたのはテレビで見ていた。4年後に自分が入って勝ちたいと思った。そのチャンスがきた」と世界一奪還の意味だという。

 この日、鎌ケ谷の室内練習場で今年初のブルペン投球を行った。外は気温が1度にまで冷え込んだが、WBC球を使って中腰の捕手に計26球。昨秋の日本シリーズで痛めた右足首の不安が残る中、WBCへ向け、はやる気持ちを抑えられないようだ。

「そこまで力は入れていない。この気温だし」とは言うが、くれぐれも無理は禁物である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    安倍首相は「年金資産」を北方領土とバーターする気だった

  3. 3

    大谷のア新人王を非難 東地区2球団の投手陣が右肘を狙う

  4. 4

    日産ゴーン逮捕の裏側と今後 衝撃はこれからが本番だ<上>

  5. 5

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  6. 6

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  7. 7

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  8. 8

    ソフトBが“相場破壊” 浅村に大魔神&松井超えの札束用意か

  9. 9

    大みそかToshlとYOSHIKI“バラ売り” 「X JAPAN」どうなる?

  10. 10

    大人も答えられない「正しいあいさつ」を小2に押しつけ

もっと見る