メジャー投手全滅 “二刀流”大谷侍Jで負担増にハム冷や汗

公開日: 更新日:

 その一番の被害者は、大谷翔平(22)ということになりそうだ。

 3月に行われるWBCで日本代表先発陣の柱と期待されたドジャースの前田健太(28)の不参加が判明。所属するドジャースが派遣に難色を示したためで、ヤンキースの田中将大(28)も同様の理由で辞退が濃厚だ。すでにダルビッシュ(30)もレンジャーズ首脳から「出場NG」を出されており、侍ジャパン先発投手陣の根幹を担うはずだった日本人メジャーの選出は全滅の様相。小久保裕紀監督(45)は頭を抱えているだろう。

「これで、いよいよ大谷の負担が増すはずです。そうでなくても、いまだ大谷の起用法が固まっていない。先発なのか、抑えなのか、あるいは、打者なのか。当然、役割によって、メンタルを含めた準備が変わってくる。起用の選択肢が多岐にわたる異質な“二刀流選手”だけに、小久保監督が決断できずにいるのです。前田、田中、ダルビッシュの3人がいないとなれば、大谷をローテーションの柱に据える先発起用が基本線となるのが普通でしょうが、チーム内には抑え起用を推す声も根強くある。脆弱な先発陣を補うための攻撃力に重きを置いて、大谷を打者として起用したい意向も小久保監督にはある。起用法が固まるのがさらに先延ばしになる可能性がありますから、中ぶらりんのまま調整を続けざるを得ない大谷は大変ですよ」(球界関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    フジ宮司アナは“夜の女神”へ…トップクラスの美貌とMC技術

  2. 2

    専門家も警鐘 南海トラフ巨大地震“前兆”続々発生の不気味

  3. 3

    入籍で妊娠説も ベッキーがやっと乗り越えた“ゲスの呪縛”

  4. 4

    大河史上最速で視聴率1桁…「いだてん」を襲うNHKの包囲網

  5. 5

    そこまでやるかNHK 安倍首相と「遺恨」残す部署が解体危機

  6. 6

    背後に敏腕マネが 大坂なおみ“バイン契約解除”決断の真相

  7. 7

    中日・根尾昂が宿舎で見せた「優等生」とは違う“別の顔”

  8. 8

    テレ朝・弘中綾香アナ“最大の武器”はマイペースと強心臓

  9. 9

    結婚発表前に伏線が…テレ朝・小川彩佳は悲恋のプリンセス

  10. 10

    統計不正“火付け役”は首相別荘BBQでも火おこし役の腰巾着

もっと見る