WBC影響心配…G小林“第3捕手”選出濃厚に由伸監督の複雑

公開日: 更新日:

 3月に行われるWBCの侍ジャパンのメンバーに、巨人の小林誠司(27)が追加選出されることが有力となっている。すでに発表されている大野(日本ハム)、嶋(楽天)に続く、「第3捕手」が役割になりそうだ。巨人のチーム関係者がこう言う。

「高橋由伸監督は不安でしょう。坂本や菅野は代表でも主力。チームを引っ張るしかない。でも、第3捕手は2人の捕手にアクシデントがあった場合のサポートのサポート的役割。過去3大会の正捕手のように、大野と嶋が絶対的な存在ではないにせよ、小林が試合に出る機会は少ないことが予想される上に、代表のスケジュールが始まれば、個人の練習時間は限られる。首脳陣の心配はまさにそこなんです」

 小林の昨季の打率はリーグワーストの・204。現在はグアムで先輩の阿部に弟子入りし、連日の打ち込みでパワーアップを図っている。その猛練習も侍入りで一時中断。追加メンバーの立場から、代表では出場機会が限られる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    あのジャニーズが“バーチャルアイドル”2.19デビューの衝撃

  2. 2

    風間俊介は3歳児の父 ジャニーズ“結婚&子持ち”NGの境界線

  3. 3

    かつては“お荷物”…山下智久が引き寄せた仕事運と信頼

  4. 4

    深まる亀裂…対韓「経済制裁」強行で偽装アベノミクス自爆

  5. 5

    嵐に燻り続けてきた“プロパーvs外様”メンバーの確執と暗闘

  6. 6

    背後に敏腕マネが 大坂なおみ“バイン契約解除”決断の真相

  7. 7

    専門家も警鐘 南海トラフ巨大地震“前兆”続々発生の不気味

  8. 8

    背水から逆転の山下智久&木村拓哉 1本の映画が2人を変えた

  9. 9

    結婚発表前に伏線が…テレ朝・小川彩佳は悲恋のプリンセス

  10. 10

    好調な映画そっちのけ…キムタクの雑な“白髪染め”が話題に

もっと見る