• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

アリゾナCでは実戦回避か ハム大谷「右足首不安」の波紋

「不自然といえば不自然ですよ」

 日本ハムのあるOBがこう言ってクビをひねった。栗山監督が17日、2月上旬のアリゾナキャンプで、大谷翔平(22)の実戦出場回避を示唆したことを受けて、だ。

 アリゾナでは8日(日本時間9日)に韓国・KTウィズとの練習試合、9日(同10日)には紅白戦が組まれているが、「米国で無理をする必要はない」と栗山監督は話している。

「だって、そうでしょう。栗山監督は蓄積した疲労が原因というけど、二刀流は毎年、取り組んでいること。昨季は例年以上の活躍で日本一に貢献してMVPを獲得。オフも大忙しだったとはいえ、疲労があるのは例年と同じでしょう。なのに暖かいアリゾナで、今年に限って実戦で使わない可能性もあるというんですから」とは前出のOBだ。

 栗山監督は今月上旬、大谷と面談。本人の状態を確認したうえで、オーバーペースにならないよう指示したという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事