錦織圭が格下に決勝完敗…得意のクレーで今季初Vならず

公開日:  更新日:

 得意なはずのクレー(赤土)コートで頂点に立てなかった。

 男子テニスのアルゼンチン・オープンは19日(日本時間20日)、ブエノスアイレスで決勝を行い、第1シードで世界ランキング5位の錦織圭(27)が同66位のアレキサンドル・ドルゴポロフ(28=ウクライナ)に6-7、4-6のストレート負け。今季初優勝、ツアー通算12勝目を逃した。

 錦織は最速200キロを超えるドルゴポロフのサーブに苦戦。相手の強烈なサーブに対応しきれず、何度となくミスを出したが、第1セットは自身のゲームを辛うじてキープ。タイブレークに持ち込んだが、最後は相手にフォアをクロスで決められ、第1セットを落とす。

 第2セットもサービスエースを決められるなど、精度が上がったドルゴポロフのサーブに押されっぱなし。互いにキープし迎えた第7ゲームで30-40から相手にリターンエースを決められ、この試合初のブレークを許す。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  2. 2

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  5. 5

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  6. 6

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  9. 9

    市場に流れる日産「上場廃止」説 “積極退場”の仰天情報も

  10. 10

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

もっと見る