今季クレー初戦は辛勝発進 錦織圭の両脚からは早くも悲鳴

公開日:  更新日:

 テニスの錦織圭(27=日清食品)が苦しみながらも初戦を突破した。

 現地15日のアルゼンチン・オープン2回戦で、世界ランキング50位の地元選手、初対戦のシュウォーツマンに第1セットを5-7で奪われるまさかの展開。6-2、6-2で逆転勝ちの辛勝を、「湿気も高くて難しかった」と振り返った。

 今大会は今季のクレー(赤土コート)初戦。錦織はキャリア勝率.596の芝、.682のハードに比べ、クレーは.718と得意にしている。

 しかし、球足の遅い赤土はラリーが続き、下半身の負担が大きい。背中と左膝に故障を抱える今の錦織にとっては、得意コートと楽観できない。現に最終セット途中には「脚がちょっと硬くなった」と両脚のマッサージを受ける場面も。厳しいクレーシーズンになりそうである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    CS進出の可能性も…DeNAラミレス監督“オリックス就活”情報

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  8. 8

    明々白々…アベシンゾー氏の夢は「大日本帝国をもう一度」

  9. 9

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  10. 10

    消費税撤廃に続き…有言実行のマレーシア首相が反原発宣言

もっと見る