錦織は失望も…フェデラー戦惜敗でもTV局ニンマリのワケ

公開日:  更新日:

 かつての世界王者、ロジャー・フェデラー(35=スイス)と握手をしているのは錦織圭(27)。22日の全豪オープンテニス4回戦でフルセットの末に敗れた直後のシーンだ。

 しかし、さばさばしたその表情とは裏腹に、内心ははらわたが煮えくり返るような悔しさでいっぱいだった。「(世界ランク1位の)マリーも負けたし、チャンスはあった。もったいないとしか言いようがない。こういう負け方で(自分に)失望している」とは試合後の本人だ。

 もっとも、2人の対戦を映像に収められたテレビ局はニンマリとか。錦織はフェデラーと今回が7回目の対戦だが、これまでの6戦はすべて冠ツアーのため、権利の問題があって錦織、フェデラー戦は写真しか使えない。

 ところが、グランドスラムで対戦すれば映像が使える。2人の対戦シーンは、錦織の今後を考えれば欠かせないだけに、グランドスラムでの対戦が実現しただけでも収穫だったらしい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  5. 5

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  6. 6

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  7. 7

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  8. 8

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  9. 9

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

  10. 10

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

もっと見る