オリ戦でサヨナラ殊勲打 ロッテ加藤翔平は「もってる男」

公開日: 更新日:

 ロッテの加藤翔平(26)が大仕事をやってのけた。

 17日のオリックス戦、1点を追う九回2死満塁の場面でサヨナラ二塁打を放ち、後半戦白星発進に貢献した。

 お立ち台で「ここから上げていくしかないんで、僕らは全力でプレーするだけです」と話した加藤は、レギュラーまであと一歩という選手ながら、「もっている男」と評判だ。

 ルーキーイヤーの2013年5月に一軍昇格し、プロ初球本塁打を記録。14年には延長戦サヨナラアーチを打った翌日、初球本塁打をやってのけた。

 3位西武とは18・5ゲーム差と、優勝争いどころかCS争いもほぼ圏外の最下位ロッテ。それでもファンを楽しませるためには、加藤のような若手がポジション争いを繰り広げるしかない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    NHK桑子真帆アナに“超肉食系”報道…結婚には完全マイナス

  2. 2

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  3. 3

    五輪に執着する菅政権に自民OBが怒り「総入れ替えが必要」

  4. 4

    結局、国民が被害…スガ発言が意味不明なのは他人事だから

  5. 5

    井上清華「めざまし」メインに フジ“女子アナ王国”復活か

  6. 6

    海外から酷評相次ぐ 本家ロシアも認めたスガーリンの独善

  7. 7

    麻生財務相「一律10万円再給付ない」発言に若者も怒り心頭

  8. 8

    デサントの「水沢ダウン」は海外物を凌駕…国産の実力知る

  9. 9

    今年の大阪国際女子は「マラソンにあらず」元陸連幹部激怒

  10. 10

    弟弟子の小朝が36人抜きで真打ち「師匠は伝えにくかった」

もっと見る