パに精通のペーニャ獲得も…ロッテは貧打解決へ問題山積

公開日: 更新日:

 使い物になっても問題は解決しない。

 6日、ロッテが元楽天のウィリー・モー・ペーニャ(35)の獲得を発表した。早ければ来週中にもチームに合流するという。5月、松本編成部長がチームの低迷を受けて緊急渡米。米国各地で10人以上の選手を視察し、タンパの球場でテストを行い獲得を決めた。

 林信平球団本部長は「長距離を打てて、ホームランが打てるのはもちろんですが、日本球界で主流の変化球に対応できるバッターということを考えて、なるべく日本球界で結果を残している選手を探していた」と明かした。

 ペーニャは、12年からソフトバンクで2年、オリックス1年、楽天で1年と計4年間をパ・リーグで過ごした助っ人だ。最後にプレーした楽天を15年限りでクビになると母国ドミニカ共和国に戻り、この1年半は決まった球団に所属しないままフリーの状態だったという。今春にはインディアンスのキャンプに参加し、自主トレに励んでいたとはいえ、どれだけ戦力になるのか疑問である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  2. 2

    安倍首相「逃げ恥作戦」大誤算…G7サミット延期で計画倒れ

  3. 3

    杏とは“リモート離婚”…東出昌大のイバラ道はまだまだ続く

  4. 4

    緊急事態延長で深まる親子の溝 東出昌大と重なる父の苦悩

  5. 5

    東京都「ステップ2」に移行 “第2波”危険スポットはどこだ

  6. 6

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  7. 7

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  8. 8

    使い道明確に…バド奥原の問題提言で露呈した悪しき慣習

  9. 9

    日立は在宅勤務に舵 アフターコロナのサラリーマン生活

  10. 10

    松本穂香の出演は2年で10本!唐田えりかの“敵失”で急浮上

もっと見る