パに精通のペーニャ獲得も…ロッテは貧打解決へ問題山積

公開日:  更新日:

 使い物になっても問題は解決しない。

 6日、ロッテが元楽天のウィリー・モー・ペーニャ(35)の獲得を発表した。早ければ来週中にもチームに合流するという。5月、松本編成部長がチームの低迷を受けて緊急渡米。米国各地で10人以上の選手を視察し、タンパの球場でテストを行い獲得を決めた。

 林信平球団本部長は「長距離を打てて、ホームランが打てるのはもちろんですが、日本球界で主流の変化球に対応できるバッターということを考えて、なるべく日本球界で結果を残している選手を探していた」と明かした。

 ペーニャは、12年からソフトバンクで2年、オリックス1年、楽天で1年と計4年間をパ・リーグで過ごした助っ人だ。最後にプレーした楽天を15年限りでクビになると母国ドミニカ共和国に戻り、この1年半は決まった球団に所属しないままフリーの状態だったという。今春にはインディアンスのキャンプに参加し、自主トレに励んでいたとはいえ、どれだけ戦力になるのか疑問である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    外国人技能実習生「怪死」にチラつく“反社会的勢力”の影

  3. 3

    難役を次々好演…林遣都は主役を光らせる最高の助演男優

  4. 4

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  5. 5

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  6. 6

    日大医学部“裏口入学”問題…逆ギレ学部長の呆れた言い訳

  7. 7

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  8. 8

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  9. 9

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  10. 10

    5分の1まで暴落のビットコイン 今こそ買い時か完全崩壊か

もっと見る