• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

伊東監督は不満…サントス獲得の真相をロッテ球団に直撃

 19日の楽天戦で延長サヨナラ勝ちを決め、連敗を8で止めたロッテ。伊東監督は「ほっとした。今日はゆっくり寝られるかもしれない」と安堵の表情を浮かべたが、依然として借金19を抱え、首位楽天に17ゲーム差の最下位に沈んでいる。18日にはWBCキューバ代表のロエル・サントス(29)の獲得を発表したが、俊足巧打がウリの1番タイプ。貧打に悩む伊東監督は打線の軸になりうる大砲を望んでいたこともあり、「食い違いと言ったらおかしいけど、今絶対に必要な選手ではない」と不満を隠せなかった。球団はこの「伊東発言」をどう考えているのか。林信平球団本部長に話を聞いた。

――サントスは俊足巧打の選手ということですが……。

「そうですね。足でかき回したり、(後ろの打者に)しっかりつないでくれたらと期待している」

――本職は中堅。伊志嶺、岡田、荻野とタイプが重なりますね。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    矢継ぎ早発表もポーズ 安倍政権の被災地支援は中身空っぽ

  3. 3

    股関節痛め広島視察中止…安倍首相に健康不安説また再燃

  4. 4

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  5. 5

    障害年金は支給継続も…非情な政策を傍観した公明党の大罪

  6. 6

    忖度が世代交代の妨げに…日本が4年後W杯で払う大きなツケ

  7. 7

    小沢一郎氏の知恵袋が指摘 安倍政権による「内乱」予備罪

  8. 8

    小泉&小沢の“異色タッグ”は政界再編の起爆剤になるのか

  9. 9

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  10. 10

    年俸500万円でDeNAへ 中後が語っていたマイナー時代の苦労

もっと見る