「抗生物質と人間」 山本太郎著

公開日: 更新日:

 世界中で毎日8万人を上回るペースで増え続け、エイズ流行時の勢いさえも上回る「肥満」。かつては身近に苦しむ人などほとんどいなかった花粉症などの「アレルギー症」。日本でわずか50年間に3万人から700万人に増加した「糖尿病」。現代の疫病というべきこれらの病気の原因として、ある物質に疑いの目が向けられている。

 抗生物質だ。その乱用の影響で起きた腸内フローラの異変がこれらの病気を引き起こした可能性があるという。しかも抗生物質の乱用による新型耐性菌の繁殖で、2050年には毎年1000万人もが死亡するとの予測がある。熱帯感染学の専門家で医師である著者が、最新の科学的知見を基に危機的状況を解説してくれる。

(岩波新書 760円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    平成最後の欧米歴訪で総崩れ 令和外交はドン底から始まる

  2. 2

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  3. 3

    まだ“愛の巣”で生活か? ZOZO前澤社長&剛力彩芽の近況

  4. 4

    オード―リー春日は貯金7億? 10年愛実らせた“どケチ伝説”

  5. 5

    マラソン大迫傑が牙をむいた日本陸連の「本音」と「忖度」

  6. 6

    「ボイパのおっくん」も擁立 立民“プチ有名人”作戦の吉凶

  7. 7

    テレ朝vs日テレで勃発 若貴兄弟“和解特番”争奪戦の行方

  8. 8

    MLBとは対照的 旧態依然な“天下り天国”日本プロ野球の限界

  9. 9

    「衆参ダブル論」は安倍首相とその周辺の思考混乱の表れ

  10. 10

    統一地方選で2ケタ議席「N国党」と「幸福党」大躍進のナゼ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る