「ここが一番おもしろい!国宝の謎」歴史の謎研究会編

公開日:  更新日:

 現在、国宝に指定されているのは美術工芸品など全1108件。その中から選りすぐりの逸品を豊富なエピソードと共に紹介するガイドブック。

 江戸時代、福岡湾に浮かぶ志賀島で見つかった「漢委奴國王」と彫られた金印は、昭和29年に古代の日本と中国を結ぶ史料として国宝となった。江戸時代から偽造説が後を絶たなかったこの金印が本物と証明されたのは、昭和56年に中国で同じ工房の同一人物によって作られたと思われる兄弟印が見つかったからだという。

 その他、祭祀に使われていたと思われるが、調理に使用した形跡も残っていた縄文時代の火焔型土器「縄文雪炎」、諜報員という別の顔を持っていた可能性をうかがわせる漂泊の画僧・雪舟の「天橋立図」など39点を解説。(青春出版社 760円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  7. 7

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  8. 8

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る