「ここが一番おもしろい!国宝の謎」歴史の謎研究会編

公開日:  更新日:

 現在、国宝に指定されているのは美術工芸品など全1108件。その中から選りすぐりの逸品を豊富なエピソードと共に紹介するガイドブック。

 江戸時代、福岡湾に浮かぶ志賀島で見つかった「漢委奴國王」と彫られた金印は、昭和29年に古代の日本と中国を結ぶ史料として国宝となった。江戸時代から偽造説が後を絶たなかったこの金印が本物と証明されたのは、昭和56年に中国で同じ工房の同一人物によって作られたと思われる兄弟印が見つかったからだという。

 その他、祭祀に使われていたと思われるが、調理に使用した形跡も残っていた縄文時代の火焔型土器「縄文雪炎」、諜報員という別の顔を持っていた可能性をうかがわせる漂泊の画僧・雪舟の「天橋立図」など39点を解説。(青春出版社 760円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  4. 4

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  7. 7

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    中田翔は3年10億円 破格契約の裏に日ハムの“イメージ戦略”

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る