• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「ここが一番おもしろい!国宝の謎」歴史の謎研究会編

 現在、国宝に指定されているのは美術工芸品など全1108件。その中から選りすぐりの逸品を豊富なエピソードと共に紹介するガイドブック。

 江戸時代、福岡湾に浮かぶ志賀島で見つかった「漢委奴國王」と彫られた金印は、昭和29年に古代の日本と中国を結ぶ史料として国宝となった。江戸時代から偽造説が後を絶たなかったこの金印が本物と証明されたのは、昭和56年に中国で同じ工房の同一人物によって作られたと思われる兄弟印が見つかったからだという。

 その他、祭祀に使われていたと思われるが、調理に使用した形跡も残っていた縄文時代の火焔型土器「縄文雪炎」、諜報員という別の顔を持っていた可能性をうかがわせる漂泊の画僧・雪舟の「天橋立図」など39点を解説。(青春出版社 760円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    右肘手術をさせたいエ軍と避けたい大谷翔平…暗闘の全内幕

  3. 3

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  4. 4

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  5. 5

    「9.16」引退宣言 安室奈美恵がこの1年で稼いだ驚きの金額

  6. 6

    今季ワースト4日間7097人 男子ツアーの閑古鳥は誰の責任か

  7. 7

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  8. 8

    iPhone入手困難に? 米との貿易戦争激化で中国に“奥の手”

  9. 9

    大谷“19勝&350打席”監督予言 2年後には年俸総額150億円も

  10. 10

    降って湧いた放映権問題で…LPGAと大会主催者の対立が激化

もっと見る