• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「雨かんむり漢字読本」円満字二郎著

 キリンビールが2017年春に売りだした「零ICHI」。日本語のネーティブスピーカーなら誰でも「ゼロイチ」と読む。「零下」「零点」などは「レイ」と読むが、「零」一字だけなら普通、「ゼロ」と読む。

 ところが、「広辞苑」「大辞林」などで「ゼロ」を引くと、見出しに「零」と書き表されていない。初めて作られた国語辞典は1889年に大槻文彦が作った「言海」だが、「ゼロ」という項目はない。「れい(零)」という項目はあって、「零」を「おちる」と訓読みしている。308を「三百零八」と書き表した例があり、十の位が「落ちている」と捉えた表記だと説明されている。

 雨かんむりの漢字だけで一冊書いてしまったマニアックな本。 (草思社 1400円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パワハラ男性マネをクビに!長澤まさみの凄みは色気と男気

  2. 2

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  3. 3

    嘘で嘘を塗り固め…加計理事長に逮捕の可能性はあるのか

  4. 4

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  5. 5

    がん患者にヤジ 自民・穴見議員に政治資金“還流”疑惑浮上

  6. 6

    やる気あるのか日朝会談 北の“天敵”が交渉役の危うい選択

  7. 7

    他人事じゃない…韓国でも懸念される「エスコバルの悲劇」

  8. 8

    懲りない昭恵氏がヒタ隠す「総理の妻として言えないこと」

  9. 9

    大迫弾お膳立ても“過去の人”…本田圭佑の気になるW杯後

  10. 10

    NEWS小山もう復帰説…ジャニ“キャスター”12人に世間の目は

もっと見る