「誰でもカンタン!『いい字』が書ける」 武田双雲著

公開日:  更新日:

「自分の字は下手」というコンプレックスを抱える多くの人に向けて書かれた指南書。人気書道家が「いい字」を書くための極意を教えてくれる。

 誰もが「美しい字」「かっこいい字」に憧れるが、それにあまりこだわる必要はないという。

 一方で誰が見ても嫌いな字、ダメな字は存在する。それは「雑に」書かれたり、「小さすぎ」たり、「薄い」字。少なくともこの3点を避ければ、すべての字はその人らしい「いい字」だと著者は言う。そんないい字とは何かという定義から、ひらがなは「線と余白のバランスに気をつける」、漢字は画数の多い字は大きく、少ない字は小さく書くなど、20の極意を伝授。お手本を見ながら練習すれば字を書くことの面白さ、楽しさが体感できる。(筑摩書房 780円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  3. 3

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  4. 4

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  5. 5

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  6. 6

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  7. 7

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  8. 8

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  9. 9

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  10. 10

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

もっと見る