「誰でもカンタン!『いい字』が書ける」 武田双雲著

公開日:  更新日:

「自分の字は下手」というコンプレックスを抱える多くの人に向けて書かれた指南書。人気書道家が「いい字」を書くための極意を教えてくれる。

 誰もが「美しい字」「かっこいい字」に憧れるが、それにあまりこだわる必要はないという。

 一方で誰が見ても嫌いな字、ダメな字は存在する。それは「雑に」書かれたり、「小さすぎ」たり、「薄い」字。少なくともこの3点を避ければ、すべての字はその人らしい「いい字」だと著者は言う。そんないい字とは何かという定義から、ひらがなは「線と余白のバランスに気をつける」、漢字は画数の多い字は大きく、少ない字は小さく書くなど、20の極意を伝授。お手本を見ながら練習すれば字を書くことの面白さ、楽しさが体感できる。(筑摩書房 780円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  2. 2

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  3. 3

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  4. 4

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

  5. 5

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  6. 6

    「外交の安倍」どころか疫病神 日露、日韓、日米の無残

  7. 7

    経団連会長が転換 「原発どんどん再稼働」に飛び交う憶測

  8. 8

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  9. 9

    小規模・家族経営を潰す安倍政権の時代錯誤な“新自由主義”

  10. 10

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

もっと見る