「海辺の週刊大衆」せきしろ著

公開日: 更新日:

「僕」の憧れの死因ベスト10のひとつは、「車にひかれそうな子犬を助けるために車道に飛び出し、身をていして守るが自分は死んでしまう」というシチュエーションなのだが、残念ながら、ここには子犬がいない。なぜなら、乗っていた船が難破して、気がついたらひとりで無人島に流れ着いていたからだ。

 砂浜に座る僕の前には一緒に流れ着いたと思われる「週刊大衆」が1冊だけある。暗記するほど隅から隅まで読んだ僕は、雑誌を砂浜に立ててビーチフラッグのように素早く手で取ってみる。脳裏にはギャラリーの大歓声の中、「ビーチ週刊大衆」に興じる参加者たちの姿が浮かぶ。

 1冊の週刊誌をめぐり妄想が妄想を呼び、止まらなくなる「何も起こらない」サバイバル小説。(双葉社 583円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    主演映画が大コケ…高橋一生は「東京独身男子」で見納めか

  2. 2

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  3. 3

    好調"月9"を牽引 本田翼が放つ強烈オーラと現場での気配り

  4. 4

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  5. 5

    女子高生のスカート丈は景気とリンク 令和は長いor短い?

  6. 6

    帰化決意の白鵬が狙う理事長の座 相撲界を待つ暗黒時代

  7. 7

    安倍首相に怯える公明 増税延期解散なら小選挙区壊滅危機

  8. 8

    主演「特捜9」が初回首位 V6井ノ原快彦が支持されるワケ

  9. 9

    専門家が分析「亀と山P」春ドラマ対決の“勝者”はどっち?

  10. 10

    モデルMALIA.はバツ4に…結婚・離婚を繰り返す人の共通項

もっと見る