• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「スマホ断食」藤原智美氏

 ある日、目黒駅のホームを歩いていた著者は、信じられない光景を目にしたという。

「おじいちゃんがスマホをやりながら歩いていたんです。すると、電車を待っていた若い女性にぶつかった。そうしたら何と言ったと思いますか。女性に向かって『チキショー』と言って去っていった。スマホが暴走の引き金になっている。“スマホ歩き”ならぬ、“スマホ暴走”ですよ」

 ベストセラー「暴走老人!」の著者が、今回取り上げたのは、スマホだ。インタビュー当日は、くしくも世界を席巻しているスマホ用ゲーム「ポケモンGO」のダウンロードが、日本でも開始された日だった。

「ポケモンは街という公共空間をゲーム化しているわけです。例えば公園は、もはやポケモンを探すための装置です。遊具に乗ったり、鬼ごっこをしたりして遊ぶという機能はなくなるかもしれない。今後、日常生活や社会がスマホによって、どんどんゲーム化される可能性は高いです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  3. 3

    豪雨初動遅れも反省なし…安倍政権が強弁するウソと言い訳

  4. 4

    否定会見で墓穴 古屋圭司議員の“裏金”疑惑ますます深まる

  5. 5

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  6. 6

    検察は動くか アベトモ古屋議員に裏金疑惑が浮上 

  7. 7

    “苦戦の戦犯”は金本監督 阪神の凡ミス多発は意識の低さ

  8. 8

    主砲にも日本語でタメ口 エンゼルス大谷「英語力」の謎

  9. 9

    助っ人はベンチに 阪神・金本監督はロサリオが嫌いなのか

  10. 10

    9月の過密日程より心配 阪神が抱える“ロサリオ・大山問題”

もっと見る