「菌世界紀行」星野保著

公開日: 更新日:

 北大の大学院でカビなどの研究をしていた著者はアルバイト先の研究者に、研究に役に立つのではと雪腐病菌を教えられた。雪の下で踏んばっている植物に雪腐病をもたらすというマイナーな菌類だ。

 氷点下でも働く酵素をもっていることに興味をもった著者は、就職後、その研究に取り組むことに。ノルウェーの研究所に派遣されたとき、無人島で這いつくばって苔を探していたら、後ろで足音がする。ホッキョクグマか? 苔探しに夢中になっていたため、護身用のライフルは30メートルも向こうに置き忘れていた……。

 150年前は誰も知らなかった雪腐病菌の研究に取り組む著者の探検記。(岩波書店 1300円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    厚生年金70歳以上義務化で日本は“ブラック国家”まっしぐら

  2. 2

    山口真帆は“手打ち”で出演 NGT48千秋楽公演は大荒れ必至?

  3. 3

    衆院補選10年ぶり敗戦濃厚で 甘利選対委員長に「責任論」

  4. 4

    帰化決意の白鵬が狙う理事長の座 相撲界を待つ暗黒時代

  5. 5

    パ球団トレード打診も…阪神は藤浪を“飼い殺し”にするのか

  6. 6

    失言や失態だけじゃない 桜田五輪大臣辞任「本当の理由」

  7. 7

    白鵬は厳罰不可避か 春場所の“三本締め”に八角理事長激怒

  8. 8

    杉並区議選応援で大混乱 杉田水脈議員に差別発言の“呪い”

  9. 9

    中日・根尾は大学を経てからのプロ入りでもよかったのでは

  10. 10

    投手陣崩壊…広島“沈没”は2年前のドラフトから始まった

もっと見る