「朝ドラには働く女子の本音が詰まってる」矢部万紀子著

公開日:  更新日:

 1961年に始まったNHKの「連続ドラマ小説」=朝ドラは、通勤も通学もない女子をターゲットに絞って企画されたものだった。

 しかし、半世紀を過ぎた今、働く女子だった著者にとっても欠かせない心の友になっているという。

 66年に放映され、平均視聴率45・8%を記録した「おはなはん」以来、朝ドラは「女の一代記」路線を歩み続けてきたが、著者は「おてんば一代記」でもあるという。型にはまらず、自分で自分を決めたい「おてんば」の女子をヒロインにしているがゆえに、今もそのコンテンツとしての力を失っていないのだと。

 そんな働く女子の視点から、「ちりとてちん」(07年下期)から「ひよっこ」(17年上期)までの作品を論じた朝ドラ論。

 (筑摩書房 800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  4. 4

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  5. 5

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  6. 6

    2年契約満了で去就は 中日ビシエド水面下で“静かなる銭闘”

  7. 7

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  8. 8

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

もっと見る