• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「朝ドラには働く女子の本音が詰まってる」矢部万紀子著

 1961年に始まったNHKの「連続ドラマ小説」=朝ドラは、通勤も通学もない女子をターゲットに絞って企画されたものだった。

 しかし、半世紀を過ぎた今、働く女子だった著者にとっても欠かせない心の友になっているという。

 66年に放映され、平均視聴率45・8%を記録した「おはなはん」以来、朝ドラは「女の一代記」路線を歩み続けてきたが、著者は「おてんば一代記」でもあるという。型にはまらず、自分で自分を決めたい「おてんば」の女子をヒロインにしているがゆえに、今もそのコンテンツとしての力を失っていないのだと。

 そんな働く女子の視点から、「ちりとてちん」(07年下期)から「ひよっこ」(17年上期)までの作品を論じた朝ドラ論。

 (筑摩書房 800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  3. 3

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

  4. 4

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  5. 5

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  6. 6

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

  7. 7

    太田光“裏口”報道は法廷へ 光代社長「橋下先生に委任状」

  8. 8

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  9. 9

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  10. 10

    巨悪に甘い日本の大メディア 米新聞トランプ一斉批判で露呈

もっと見る