「朝ドラには働く女子の本音が詰まってる」矢部万紀子著

公開日: 更新日:

 1961年に始まったNHKの「連続ドラマ小説」=朝ドラは、通勤も通学もない女子をターゲットに絞って企画されたものだった。

 しかし、半世紀を過ぎた今、働く女子だった著者にとっても欠かせない心の友になっているという。

 66年に放映され、平均視聴率45・8%を記録した「おはなはん」以来、朝ドラは「女の一代記」路線を歩み続けてきたが、著者は「おてんば一代記」でもあるという。型にはまらず、自分で自分を決めたい「おてんば」の女子をヒロインにしているがゆえに、今もそのコンテンツとしての力を失っていないのだと。

 そんな働く女子の視点から、「ちりとてちん」(07年下期)から「ひよっこ」(17年上期)までの作品を論じた朝ドラ論。

 (筑摩書房 800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台風19号で断水 町の自衛隊給水支援に神奈川県が“待った”

  2. 2

    金丸信吾氏「拉致問題解決は国交正常化こそが一番の近道」

  3. 3

    逆流下水は糞尿混じり…武蔵小杉タワマン台風19号被害ルポ

  4. 4

    大一番でスタメンの福岡堅樹にスコットランドは面食らった

  5. 5

    巨人にやっと1勝…阪神には落合博満のような“劇薬”が必要

  6. 6

    複数球団が熱視線 ソフトB福田がオフFA最大の目玉は本当か

  7. 7

    坂本の腰痛不安で続く遊撃探し 巨人“外れドラ1”候補の名前

  8. 8

    ドラフト一番人気 星稜・奥川を狙う阪神の“嫌われ方”

  9. 9

    予算委で露呈 想像を超えるオンポロ内閣、チンピラ答弁

  10. 10

    巨人もベタ降り? 大船渡・佐々木に日本ハム単独指名の目

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る