• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
北上次郎
著者のコラム一覧
北上次郎評論家

1946年、東京都生まれ。明治大学文学部卒。本名は目黒考二。76年、椎名誠を編集長に「本の雑誌」を創刊。ペンネームの北上次郎名で「冒険小説論―近代ヒーロー像100年の変遷」など著作多数。本紙でも「北上次郎のこれが面白極上本だ!」を好評連載中。趣味は競馬。

「ビンボーの女王」尾崎将也著

 ヒロインの立花麻衣子はテレビのアシスタントディレクター。ほとんどブラック企業に近い労働に悲鳴を上げて、ついに退職。ところが辞めてみると、再就職はなかなか厳しい。しかも住まいも失ったので、ネットカフェに寝泊まりしながら、日銭欲しさにティッシュ配りのアルバイトの日々。つまり突然、ネットカフェ難民になるのだ。そういう貧困女子の生活が、これでもかこれでもかと描かれていく。親に頼れないのには事情がある。

 娘を勝手に連帯保証人にしたために母親の借金を背負わされたのである。そんな母親には頼れない。麻衣子はひとりで生きていかざるを得ない。というわけで、ヒロインの苦闘の日々が始まっていく。ストーリーの先を紹介するのはマナー違反だが、帯に書いてあることなので、立てこもり事件に巻き込まれる、ということだけは紹介してもいいだろう。このあとの展開が面白いが、いくらなんでもこのあとどうなるかという紹介はぐっと我慢。

 著者は「梅ちゃん先生」などで知られる著名な脚本家で、これが小説の第1作。「小野寺の弟・小野寺の姉」の西田征史、「犯罪者」「天上の葦」の太田愛、「永い言い訳」の西川美和など、他ジャンルで活躍している人の小説は新鮮な作品が多いものだが、本書も例外ではない。問題は、この人たちはなかなか次作を書いてくれないこと。ほかに本業を持っているから仕方がないけれど、そこをなんとかお願いしたい。

 (河出書房新社 1300円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  4. 4

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  5. 5

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  6. 6

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<上>

  7. 7

    剛力彩芽へ助言…私生活をSNSにアップする女優は伸びない

  8. 8

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  9. 9

    安倍首相が異例の神社参拝3連発 総裁選に不安で“神頼み”

  10. 10

    剛力は助言無視で再炎上…救えるのはバナナマン日村だけか

もっと見る