北上次郎
著者のコラム一覧
北上次郎評論家

1946年、東京都生まれ。明治大学文学部卒。本名は目黒考二。76年、椎名誠を編集長に「本の雑誌」を創刊。ペンネームの北上次郎名で「冒険小説論―近代ヒーロー像100年の変遷」など著作多数。本紙でも「北上次郎のこれが面白極上本だ!」を好評連載中。趣味は競馬。

「ビンボーの女王」尾崎将也著

公開日:  更新日:

 ヒロインの立花麻衣子はテレビのアシスタントディレクター。ほとんどブラック企業に近い労働に悲鳴を上げて、ついに退職。ところが辞めてみると、再就職はなかなか厳しい。しかも住まいも失ったので、ネットカフェに寝泊まりしながら、日銭欲しさにティッシュ配りのアルバイトの日々。つまり突然、ネットカフェ難民になるのだ。そういう貧困女子の生活が、これでもかこれでもかと描かれていく。親に頼れないのには事情がある。

 娘を勝手に連帯保証人にしたために母親の借金を背負わされたのである。そんな母親には頼れない。麻衣子はひとりで生きていかざるを得ない。というわけで、ヒロインの苦闘の日々が始まっていく。ストーリーの先を紹介するのはマナー違反だが、帯に書いてあることなので、立てこもり事件に巻き込まれる、ということだけは紹介してもいいだろう。このあとの展開が面白いが、いくらなんでもこのあとどうなるかという紹介はぐっと我慢。

 著者は「梅ちゃん先生」などで知られる著名な脚本家で、これが小説の第1作。「小野寺の弟・小野寺の姉」の西田征史、「犯罪者」「天上の葦」の太田愛、「永い言い訳」の西川美和など、他ジャンルで活躍している人の小説は新鮮な作品が多いものだが、本書も例外ではない。問題は、この人たちはなかなか次作を書いてくれないこと。ほかに本業を持っているから仕方がないけれど、そこをなんとかお願いしたい。

 (河出書房新社 1300円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    妊娠を“計画”発表…前田敦子「デキ婚」かたくな否定のウラ

  10. 10

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

もっと見る