「八九六四」安田峰俊著

公開日:  更新日:

 1989年6月4日に起こった天安門事件を著者が追うことになったのは、当時浪人生だった郭定京(仮名)の「君は六四を知っているか?」という一言がきっかけだった。郭はデモに参加したが、前のほうにいた学生たちが連行されるのを見てあわてて逃げた。未来を担う若者を無残に殺すような政権が続くはずはないと思ったが、祖国は目覚めない。今、民主化デモが起きても「たぶん行かない」と答えた。

 学生リーダーのひとりだったウアルカイシは、義務は「社会に対して負うもの」であり、責任は「自分に対して負うもの」だと説明し、「我々はすでに義務を果たした」と言っても誰も批判できないと語った。

 天安門事件に関わった人たちを追った鮮烈なルポルタージュ。

(KADOKAWA 1700円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  3. 3

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  4. 4

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  5. 5

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    2年契約満了で去就は 中日ビシエド水面下で“静かなる銭闘”

  8. 8

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

もっと見る