• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「八九六四」安田峰俊著

 1989年6月4日に起こった天安門事件を著者が追うことになったのは、当時浪人生だった郭定京(仮名)の「君は六四を知っているか?」という一言がきっかけだった。郭はデモに参加したが、前のほうにいた学生たちが連行されるのを見てあわてて逃げた。未来を担う若者を無残に殺すような政権が続くはずはないと思ったが、祖国は目覚めない。今、民主化デモが起きても「たぶん行かない」と答えた。

 学生リーダーのひとりだったウアルカイシは、義務は「社会に対して負うもの」であり、責任は「自分に対して負うもの」だと説明し、「我々はすでに義務を果たした」と言っても誰も批判できないと語った。

 天安門事件に関わった人たちを追った鮮烈なルポルタージュ。

(KADOKAWA 1700円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  2. 2

    黒田総裁は“白旗”か…ついに日銀が「株を買うのをやめた」

  3. 3

    総裁選の争点に 石破氏の秘策は「加計問題」と「脱原発」

  4. 4

    今年も唯一ゴルフ不参加…福田元首相はやっぱり“アベ嫌い”

  5. 5

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  6. 6

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  7. 7

    イメージダウン必至の日本大学 新入生の半数は付属から

  8. 8

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  9. 9

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  10. 10

    ベトナムに完封負けも…森保U-21代表は優勝候補の韓国回避

もっと見る