「八九六四」安田峰俊著

公開日: 更新日:

 1989年6月4日に起こった天安門事件を著者が追うことになったのは、当時浪人生だった郭定京(仮名)の「君は六四を知っているか?」という一言がきっかけだった。郭はデモに参加したが、前のほうにいた学生たちが連行されるのを見てあわてて逃げた。未来を担う若者を無残に殺すような政権が続くはずはないと思ったが、祖国は目覚めない。今、民主化デモが起きても「たぶん行かない」と答えた。

 学生リーダーのひとりだったウアルカイシは、義務は「社会に対して負うもの」であり、責任は「自分に対して負うもの」だと説明し、「我々はすでに義務を果たした」と言っても誰も批判できないと語った。

 天安門事件に関わった人たちを追った鮮烈なルポルタージュ。

(KADOKAWA 1700円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「麒麟がくる」放送再開も苦戦 関係者が明かす“3つの要因”

  2. 2

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  3. 3

    沢田研二に不倫と別居説…自宅周辺の聞き込みは即バレした

  4. 4

    高級ブランドに匹敵 ワークマンが出してきた本気の機能服

  5. 5

    近大・佐藤は抽選確実 クジ運ない巨人が選んだ“外れ1位”は

  6. 6

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  7. 7

    元祖ビジュアル系 ジュリーの化粧に賛否両論が巻き起こる

  8. 8

    劇場版「鬼滅の刃」公開 SNSの“負の側面”から広がった共感

  9. 9

    菅首相えげつない灰色“錬金術パーティー” 規正法に抵触か

  10. 10

    再燃する矢野降ろし…岡田氏再登板を後押しする阪神の忖度

もっと見る

人気キーワード