「八九六四」安田峰俊著

公開日: 更新日:

 1989年6月4日に起こった天安門事件を著者が追うことになったのは、当時浪人生だった郭定京(仮名)の「君は六四を知っているか?」という一言がきっかけだった。郭はデモに参加したが、前のほうにいた学生たちが連行されるのを見てあわてて逃げた。未来を担う若者を無残に殺すような政権が続くはずはないと思ったが、祖国は目覚めない。今、民主化デモが起きても「たぶん行かない」と答えた。

 学生リーダーのひとりだったウアルカイシは、義務は「社会に対して負うもの」であり、責任は「自分に対して負うもの」だと説明し、「我々はすでに義務を果たした」と言っても誰も批判できないと語った。

 天安門事件に関わった人たちを追った鮮烈なルポルタージュ。

(KADOKAWA 1700円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台風19号で断水 町の自衛隊給水支援に神奈川県が“待った”

  2. 2

    逆流下水は糞尿混じり…武蔵小杉タワマン台風19号被害ルポ

  3. 3

    金丸信吾氏「拉致問題解決は国交正常化こそが一番の近道」

  4. 4

    大一番でスタメンの福岡堅樹にスコットランドは面食らった

  5. 5

    パCSファイナルで激突 西武とソフトBはFA戦線でも暗闘

  6. 6

    巨人にやっと1勝…阪神には落合博満のような“劇薬”が必要

  7. 7

    複数球団が熱視線 ソフトB福田がオフFA最大の目玉は本当か

  8. 8

    坂本の腰痛不安で続く遊撃探し 巨人“外れドラ1”候補の名前

  9. 9

    予算委で露呈 想像を超えるオンポロ内閣、チンピラ答弁

  10. 10

    セは来季も巨人の独り勝ち濃厚 ライバル5球団に好材料なし

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る