強制労働と偽装によって作られるトマト缶

公開日:  更新日:

 パスタにスープにと使い勝手のいいトマト缶。あなたの家の台所にも買い置きがあるかもしれない。しかし、ジャン=バティスト・マレ著の「トマト缶の黒い真実」(田中裕子訳 太田出版 1900円)を読むと、その缶蓋を開けることが恐ろしくなるだろう。

 いわゆる“買ってはいけない”系の話だけではなく、農業ビジネスの暗部にも迫っている本書。気鋭のジャーナリストである著者が2年半にわたり世界各地のトマト加工産業を取材したところ、行きついたのは中国だった。

 トマトの主要な産地である新疆ウイグル自治区では加工産業が活況を呈しており、年間1000万トン以上生産される濃縮トマトのほとんどが、世界各国のメーカーへと輸出されている。食文化として、中国人はトマト加工品をほとんど食べないためだ。

 そして、この地でトマト産業に従事“させられている”のが、反革命犯や政治犯。中国には彼らの思想を改造するために労働をさせる労働改造という制度があり、過酷な条件下で収穫作業などを強いられている。2013年、この制度は廃止が発表されたが、現実にはまだ続いているという。ヨーロッパ経済はいまや中国からの輸入に依存しており、そのせいか中国における強制労働の実態などはメディアがほとんど取り上げないと、フランス人である著者は嘆く。

 さらに本書では、3倍濃縮トマト「ブラックインク」の加工工場にも潜入。酸化して真っ黒になったトマトペーストの呼び名で、中国のメーカーではこれにさまざまな“工夫”を凝らし、1缶中69%が添加物というとんでもないトマト缶を作り出しているという。

 身近な食材の驚くべき実態。目を背けてはいけない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  2. 2

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  3. 3

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  4. 4

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  5. 5

    動くとビキニが…水原希子“透け映えコーデ”に会場クギづけ

  6. 6

    石崎ひゅーいとは破局か “共演者キラー”蒼井優の次の相手

  7. 7

    後輩芸人と絶縁宣言で浮き彫りに JOYとユージの好感度の差

  8. 8

    日産は会長人事見送り…ルノーに逆らえずクーデター大失敗

  9. 9

    「THE W」優勝 阿佐ヶ谷姉妹より受けていたのは滝沢カレン

  10. 10

    実は辺野古反対派 昭恵夫人「海を守りたい」思いはどこへ

もっと見る