• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「中国バブルはなぜつぶれないのか」朱寧著 森山文那生訳

 書名がそのまま本書の主題。その答えは「中国の官製バブルだから」。改革開放路線以後の中国は、国家ぐるみで資本主義市場に立ち向かう方法を追求。その結果、中央政府が主導し、地方政府、国有銀行、国有企業、さらに私企業を含めた業界がすべて結託してバブルの状態を「暗黙に保証」する仕組みをつくり上げた。そんな「剛性泡沫」(本書の原題)は強靱そのもので、近年の日本の「インバウンド景気」にもつながった。しかし、バブルは必ずはじける時限爆弾のようなもの。それゆえ、一刻も早く市場中心の仕組みへの改革が求められる、という著者は中国出身で、米カリフォルニア大の終身教授にして上海高級金融学院の副院長を務める大物経済学者だ。

(日本経済新聞出版社 3000円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  4. 4

    衝撃の発毛剤CM 草彅剛の“捨て身っぷり”が称賛されるワケ

  5. 5

    石破氏の「公平な行政」パクリ…安倍首相の姑息な争点潰し

  6. 6

    フジは稲垣をドラマ起用 立ち位置に違いが出始めた元SMAP

  7. 7

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  8. 8

    大物2世タレントの彼は20歳上の私に「部屋に行きたい」と

  9. 9

    高まる認可白紙の可能性 小池知事が来月迎える「敗戦の日」

  10. 10

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

もっと見る