「中国バブルはなぜつぶれないのか」朱寧著 森山文那生訳

公開日:  更新日:

 書名がそのまま本書の主題。その答えは「中国の官製バブルだから」。改革開放路線以後の中国は、国家ぐるみで資本主義市場に立ち向かう方法を追求。その結果、中央政府が主導し、地方政府、国有銀行、国有企業、さらに私企業を含めた業界がすべて結託してバブルの状態を「暗黙に保証」する仕組みをつくり上げた。そんな「剛性泡沫」(本書の原題)は強靱そのもので、近年の日本の「インバウンド景気」にもつながった。しかし、バブルは必ずはじける時限爆弾のようなもの。それゆえ、一刻も早く市場中心の仕組みへの改革が求められる、という著者は中国出身で、米カリフォルニア大の終身教授にして上海高級金融学院の副院長を務める大物経済学者だ。

(日本経済新聞出版社 3000円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  8. 8

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    妊娠を“計画”発表…前田敦子「デキ婚」かたくな否定のウラ

もっと見る