「中国バブルはなぜつぶれないのか」朱寧著 森山文那生訳

公開日: 更新日:

 書名がそのまま本書の主題。その答えは「中国の官製バブルだから」。改革開放路線以後の中国は、国家ぐるみで資本主義市場に立ち向かう方法を追求。その結果、中央政府が主導し、地方政府、国有銀行、国有企業、さらに私企業を含めた業界がすべて結託してバブルの状態を「暗黙に保証」する仕組みをつくり上げた。そんな「剛性泡沫」(本書の原題)は強靱そのもので、近年の日本の「インバウンド景気」にもつながった。しかし、バブルは必ずはじける時限爆弾のようなもの。それゆえ、一刻も早く市場中心の仕組みへの改革が求められる、という著者は中国出身で、米カリフォルニア大の終身教授にして上海高級金融学院の副院長を務める大物経済学者だ。

(日本経済新聞出版社 3000円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    IOCが中止を通知か 東京五輪「断念&2032年再招致」の仰天

  2. 2

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  3. 3

    今度は福留が退団 功労者を冷遇する阪神と矢野監督の愚行

  4. 4

    沢田研二に不倫と別居説…自宅周辺の聞き込みは即バレした

  5. 5

    2時間半も“吊るし上げ” 菅自民の学術会議批判はネトウヨ級

  6. 6

    高級ブランドに匹敵 ワークマンが出してきた本気の機能服

  7. 7

    北京五輪前に異例人事 スキー連盟ドタバタ内紛の舞台裏

  8. 8

    有村架純“ジャニタレ共演NG”解禁 キンプリ高橋との行方は

  9. 9

    鬼滅の刃「紅蓮華」は“エヴァ超え”も国民的アニソンへの壁

  10. 10

    再燃する矢野降ろし…岡田氏再登板を後押しする阪神の忖度

もっと見る

人気キーワード