「中国バブルはなぜつぶれないのか」朱寧著 森山文那生訳

公開日:  更新日:

 書名がそのまま本書の主題。その答えは「中国の官製バブルだから」。改革開放路線以後の中国は、国家ぐるみで資本主義市場に立ち向かう方法を追求。その結果、中央政府が主導し、地方政府、国有銀行、国有企業、さらに私企業を含めた業界がすべて結託してバブルの状態を「暗黙に保証」する仕組みをつくり上げた。そんな「剛性泡沫」(本書の原題)は強靱そのもので、近年の日本の「インバウンド景気」にもつながった。しかし、バブルは必ずはじける時限爆弾のようなもの。それゆえ、一刻も早く市場中心の仕組みへの改革が求められる、という著者は中国出身で、米カリフォルニア大の終身教授にして上海高級金融学院の副院長を務める大物経済学者だ。

(日本経済新聞出版社 3000円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  2. 2

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  3. 3

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  4. 4

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  5. 5

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  6. 6

    50秒の電話で“暴力集団”押し付けられた千賀ノ浦親方の不運

  7. 7

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  8. 8

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  9. 9

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  10. 10

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

もっと見る