「縄文土器・土偶」井口直司著

公開日:

 原始のパワーを放つ縄文土器や土偶を紹介するビジュアル文庫。

 縄文時代は、一万数千年前から二千数百年前までの約1万年。日本列島で最も古い土器は、その草創期の土器群で、そのひとつ「爪形文土器」は北海道から九州まで幅広く分布する。この土器群の後続が私たちがよく知る「縄目の文様」を特徴とする土器群だ。

 一方、土器と同じ素材・技術で作られ、人物を表現したと思われるものを土偶と呼ぶ。なぜ土偶が作られ、どのように使われたのかはまだ推測の域を出ないという。いずれにしても人物表現を超越したものが圧倒的に多く、単なる人形ではないことは明らかだ。土器・土偶を手掛かりに、縄文時代とはどんな時代だったのかを解説した入門書。

(KADOKAWA 1160円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  8. 8

    美女とデート報道 田原俊彦は干されても腐らず再ブレーク

  9. 9

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

  10. 10

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

もっと見る