「縄文土器・土偶」井口直司著

公開日:

 原始のパワーを放つ縄文土器や土偶を紹介するビジュアル文庫。

 縄文時代は、一万数千年前から二千数百年前までの約1万年。日本列島で最も古い土器は、その草創期の土器群で、そのひとつ「爪形文土器」は北海道から九州まで幅広く分布する。この土器群の後続が私たちがよく知る「縄目の文様」を特徴とする土器群だ。

 一方、土器と同じ素材・技術で作られ、人物を表現したと思われるものを土偶と呼ぶ。なぜ土偶が作られ、どのように使われたのかはまだ推測の域を出ないという。いずれにしても人物表現を超越したものが圧倒的に多く、単なる人形ではないことは明らかだ。土器・土偶を手掛かりに、縄文時代とはどんな時代だったのかを解説した入門書。

(KADOKAWA 1160円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  5. 5

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  6. 6

    5分の1まで暴落のビットコイン 今こそ買い時か完全崩壊か

  7. 7

    外国人技能実習生「怪死」にチラつく“反社会的勢力”の影

  8. 8

    冬巡業も数日間のみ 稀勢の里は1月場所休場ならジ・エンド

  9. 9

    46歳アンナが心配で…引退報道を一蹴した梅宮辰夫の胸の内

  10. 10

    菊池雄星争奪戦 カネ以外のポイントは球場内の環境にあり

もっと見る