「青森縄文王国」新潮社編

公開日: 更新日:

■青森出土の遺物に縄文人たちのぬくもりを感じる

 青森県には1万年間も続いたという縄文時代の草創期から晩期まで三内丸山遺跡などの遺跡が点在し、縄文時代を代表する大きな文化が営まれていた。

 本書は、青森の各遺跡から出土した土器や土偶、石器などを通じて縄文の魅力を再発見してもらおうと企画されたビジュアルブック。考古学的な解説はほどほどに、それぞれの土器や土偶を作った縄文人たちのぬくもりを感じながら、遺物に秘められた物語を読み解いていく。

 例えば、幼児の手形、足形を押し付けて焼いた縄文時代後期の「手形付き土版」「足形付き土版」。写真で紹介されるのは六ケ所村の大石平遺跡から出土した完品だが、小牧野遺跡から出土したそれを手にすると、裏側に我が子の手足を取って粘土に押し付ける母親の指の痕跡が感じられるという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相11.20退陣説 「桜を見る会」疑惑で政界の空気一変

  2. 2

    “介護美談”もウソで離婚調停中 問われる小室哲哉の人間性

  3. 3

    「桜を見る会」関連業務“アベ友業者”にオイシイ受注誘導か

  4. 4

    政治家への金は10億円 倉田まり子さんには申し訳なかった

  5. 5

    亡き“パパ”の古い携帯番号に4年間報告し続けたら返信が!

  6. 6

    櫻井政界進出まで見据えるも…二宮の結婚時期にファン憤慨

  7. 7

    1位は矢沢永吉の7万円 芸能人ディナーショー戦線異状アリ

  8. 8

    誰が見ても違反じゃないか 動かない捜査当局の腐敗堕落

  9. 9

    NHK紅白“サプライズ”候補にあがる大物アーティストの名前

  10. 10

    義憤に駆られ…児童400人の給食代を肩代わりした男性に喝采

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る