「青森縄文王国」新潮社編

公開日:  更新日:

■青森出土の遺物に縄文人たちのぬくもりを感じる

 青森県には1万年間も続いたという縄文時代の草創期から晩期まで三内丸山遺跡などの遺跡が点在し、縄文時代を代表する大きな文化が営まれていた。

 本書は、青森の各遺跡から出土した土器や土偶、石器などを通じて縄文の魅力を再発見してもらおうと企画されたビジュアルブック。考古学的な解説はほどほどに、それぞれの土器や土偶を作った縄文人たちのぬくもりを感じながら、遺物に秘められた物語を読み解いていく。

 例えば、幼児の手形、足形を押し付けて焼いた縄文時代後期の「手形付き土版」「足形付き土版」。写真で紹介されるのは六ケ所村の大石平遺跡から出土した完品だが、小牧野遺跡から出土したそれを手にすると、裏側に我が子の手足を取って粘土に押し付ける母親の指の痕跡が感じられるという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  2. 2

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  3. 3

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  4. 4

    日ハム吉田輝星の原点 「投球フォーム」に託した父の願い

  5. 5

    玉城デニー沖縄知事の訪米に官邸・外務省が“横ヤリ”疑惑

  6. 6

    都内のスーパーで特売品を 安室奈美恵「引退後2カ月」の今

  7. 7

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  8. 8

    フランスの次は日本…トランプ恫喝で防衛費20兆円へ一直線

  9. 9

    片山さつき大臣の「カレンダー」無償配布疑惑に決定的証言

  10. 10

    インスタで稼ぎ両親に家 タイ12歳“スーパー女装子”大人気

もっと見る