「ライバル駅格差」小川裕夫著

公開日: 更新日:

 鉄道ライターの著者によると、東京の各駅にはそれぞれに必ずライバル的存在の駅があるという。街のポテンシャルが拮抗していたり、エリア・沿線で覇権を争っていたり、歴史や街の成り立ちが似ているなどの理由から出来上がったライバル関係が、魅力の創出につながっているそうだ。本書では、各ライバル関係にある主要駅の本当の実力と将来性を分析。

 駅は列車の乗降場としての役割の他に、集客力や都市開発の起点となる強大な「拠点力」を備えている。その拠点力の観点から、各駅の歴史を振り返り、新宿駅とリニアの起点となることが決まった品川駅の首都圏ターミナル対決や、銀座駅と原宿駅のセレブタウン対決など、首都圏+3大都市36駅を徹底解説する。

(イースト・プレス 880円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    セイン・カミュは事務所独立問題がこじれ芸能界から消えた

  2. 2

    台風被害はそっちのけ…安倍自民“無能幹部”の呆れた実態

  3. 3

    “タブー”だった事務所移籍 安室奈美恵はなぜ成功したのか

  4. 4

    森田健作知事 元タレントなのに災害対応で存在感ゼロの愚

  5. 5

    お台場の海はなぜ汚いのか 水質を知り尽くす港区議が警鐘

  6. 6

    CMや配信で復活の兆しも…「のん」が干された決定的な理由

  7. 7

    醜聞だらけ “火薬庫大臣”田中和徳の初入閣に地元もビックリ

  8. 8

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  9. 9

    汚染処理水発言で物議 何でも屋は農業や社会保障も実績0

  10. 10

    楽天平石監督の退任騒動とヤクルト小川監督辞任の“点と線”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る