鉄ちゃんでなくても絶対に面白く読める本特集

公開日: 更新日:

 未就学児から後期高齢者まで、男女年齢問わず増えているといわれるのが鉄道ファン。狭い国土の中で、縦横無尽に近い鉄道網を誇る日本ならではの現象なのかもしれない。鉄ちゃんはもちろん、駅や路線すらあやふやな鉄道初心者でも、ちょっとだけ博識になれる本を紹介しよう。

 目黒駅なのに所在地は品川区、南新宿駅なのに所在地は渋谷区、品川区にはない品川駅。これいかに?

 駅名と地名あるいは所在地の不一致は、全国各地に点在するようだ。その背景には、やむにやまれぬ事情や切実な思い、肩透かしをくらうような顛末も秘められているという。

 イチ押しのおすすめは、そんな全国各地のワケアリ駅名を根気よく調べ上げた「駅名・地名不一致の事典」(東京堂出版 2000円+税)だ。

 著者は地図・地理研究家で、鉄道に関する著書も多数執筆している浅井建爾氏。よくぞここまで、と感嘆するほどの緻密な作業だ。地方別・路線名別に調べ上げた「名称不一致」の駅がざっと700以上。その中身を一部紹介しよう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渋沢栄一の不思議 なぜ“名を冠した企業”が1社しかないのか

  2. 2

    秋篠宮家の眞子さまは一時金1億5000万円では生活できない

  3. 3

    不倫報道の福原愛 緩さとモテぶりは現役時から評判だった

  4. 4

    黒島結菜が22年NHK朝ドラ主演 ラブコメに起用されない理由

  5. 5

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  6. 6

    大河「青天を衝け」の死角 渋沢栄一の“カネと女”どう描く

  7. 7

    「天国と地獄」高視聴率の裏に高橋一生“しなやかマッチョ”

  8. 8

    3.25聖火リレーに大逆風…スタートの福島は感染状況が深刻

  9. 9

    米国進出の渡辺直美は大成功する公算大 竹内結子の後輩に

  10. 10

    北川景子もハマっている「盛り塩」なぜ広まった?注意点も

もっと見る

人気キーワード