「正義の申し子」染井為人著

公開日: 更新日:

 引きこもり中の純は、「ジョン」と名乗るカリスマユーチューバー。ある日、コスパ総合調査の森口という人物から、エロ系の動画サイトの利用料の請求メールが届いた。悪徳請求業者だと気づいた純は、森口に電話をかける。9万7000円の請求に対して、「……2000円ならなんとか」と答えると、森口は急に関西弁になり、怒鳴りだす。純は、コンビニのATMで送金すると見せかけ、最後にユーチューブで中継していたことをばらして森口をおちょくる。

 ある日、純のスマホに森口から電話がかかってきた。草の根を分けてでも捜し出すから「首洗って待っとれ」と。

 出会うはずのなかった2人がトラブルを巻き起こすおかしなエンタメ小説。

(KADOKAWA 1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  2. 2

    マツコ「ホンマでっか」降板 カネより義理、裏方との関係

  3. 3

    原監督はG史上最多の1067勝 なぜ他からオファーがない?

  4. 4

    瀬戸大也がラブホ不倫…妻が本紙に語っていた献身ぶり

  5. 5

    巨人FA補強に浮上する「第3の男」 菅野メジャー流出濃厚で

  6. 6

    瀬戸大也は「鋼のメンタル」ラブホ不倫で謝罪も“金”揺がず

  7. 7

    ジャパンライフ詐欺は安倍‐菅案件 行政大甘対応の根源

  8. 8

    平沢復興相 前首相の私怨で冷遇…入閣に“故郷”は冷めた声

  9. 9

    自民党総裁選 カッコ悪い大人たちにど汚いもの見せられた

  10. 10

    巨人菅野「最多勝」で有終の美も…唯一の心残りは“古女房”

もっと見る

人気キーワード