「あの夏、二人のルカ」誉田哲也著

公開日: 更新日:

 沢口遥は、夫と別れ、名古屋から東京・谷中に戻ってきた。「谷中ぎんざ」を歩き、「夕焼けだんだん」を下りながら、14年前の自分を思い出している。女子高生だった遥は、ギターケースを提げていた。

 場面は変わり、高2の久美子は、ギターを弾くクラスメートの翔子と実悠に声をかけ、ガールズバンドを結成する。ドラマーの久美子がリーダーとなり、父親が経営するレンタルミュージックスタジオの空き時間に、3人で練習を始めた。そこに、マネジャー役の瑠香が参加、さらに転校生のヨウがボーカルに加わって、キラキラ輝く季節が始まった。

 ヨウは敵を威嚇するような目をして、怖いくらい本気で歌う。ヨウの歌は聴く者を揺さぶる。

「あんた、なかなかロックしてんじゃん」

 久美子は仲間を引っ張って、夢に向かって走り出す。バンド名はルーカス。練習を重ねて腕を上げ、オリジナル曲を作り、プロデビューの話も持ち上がる。

 別々に進行する遥と久美子の物語は、14年の歳月を超えて合流する。大人が嫌いで、自分も嫌いなヨウ。なぜか献身的にメンバーを応援する瑠香。多感な少女たちは音楽を通じて確かにつながっていた。でも、キラキラした夏は短かった……。

 ギターテクニックや音楽用語が満載で、若き日にギターやバンドに熱中したおじさんたちも、胸キュン間違いなし。 

(KADOKAWA 1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    うがい薬で株価操縦か 吉村府知事にインサイダー疑惑浮上

  3. 3

    抗議殺到!イソジン吉村と大阪モデルの化けの皮が剥がれる

  4. 4

    <2>本質はニュースキャスター 大局を見ることができない

  5. 5

    綾瀬はるか熱愛報道から1カ月 周辺でハプニング続々のナゼ

  6. 6

    岸田里佳さん 特撮ヒロインは3カ国語話す日舞の師範名取に

  7. 7

    吉村府知事が招いたうがい薬パニック 品薄で医療団体激怒

  8. 8

    カトパン結婚秒読みもNAOTOと破局 “賞味期限”アラート迫る

  9. 9

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

  10. 10

    時給は350円…下北沢LOFT店員時代のサザンは不人気だった

もっと見る