北上次郎
著者のコラム一覧
北上次郎評論家

1946年、東京都生まれ。明治大学文学部卒。本名は目黒考二。76年、椎名誠を編集長に「本の雑誌」を創刊。ペンネームの北上次郎名で「冒険小説論―近代ヒーロー像100年の変遷」など著作多数。本紙でも「北上次郎のこれが面白極上本だ!」を好評連載中。趣味は競馬。

「花まみれの淑女たち」歌川たいじ著

公開日: 更新日:

 70代、80代の婆さんたちが共同生活しているビルがある。年金や生活保護では公団の家賃も特別養護老人ホームの費用も払えない老人たちが、ババアはババア同士で助け合おうと、一緒に働き、一緒に暮らしているビルだ。彼女たちはビルの3階と4階に暮らしている。2階は使ってないが、いずれ介護が必要になったときの設備をつくる予定。将来をきちんと考えているのだ。自分たちでお金をつくり出し、生きる道を切り開いているたくましいお婆ちゃんたちなのである。

 彼女たちは探偵事務所を開いている。70代、80代の婆さんたちが探偵事務所? と思われるかもしれないが、尾行しても張り込んでも、老婆を疑う人は少なく、必ず風景に溶け込んでしまうから、実は有能な探偵たちだ。なんと盗聴器を仕掛けることも辞さない。

「メカに強くなれなくてどうすんのさ。従前の70代といっしょにすんなっての。あたしら、新たなる時代を切り開くババアだよ」と言い放つのだから、たくましい。

 本書はそのお婆ちゃん軍団が、オレオレ詐欺の集団と戦う話である。それも世の不正を正すという戦いではなく、知り合いの老人が詐欺にひっかかって取られた大金を取り戻す戦いだ。きわめて個人的な戦いである。お婆ちゃん軍団がどうやって戦うのか、という興味が大きいけれど、詐欺集団に勝つことができるのか、全員無事に生還できるのか、息をのんで戦いの結果を待つのである。

(KADOKAWA 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    上沼恵美子「降板の全真相」現場は“辞めたる”を待っていた

  2. 2

    安倍首相“吐血情報”で広がる健康不安説…国会拒否の理由か

  3. 3

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  4. 4

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  5. 5

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  6. 6

    他国と何が違う? 政府の中途半端な方針が生んだ感染爆発

  7. 7

    民主党政権にも及ばなかった「戦後最長の景気拡大」の嘘

  8. 8

    たけしに欽ちゃんも…コロナが蝕む大御所芸人のメンタル

  9. 9

    レバノンがゴーンを引き渡す日…経済危機とコロナで混迷

  10. 10

    カジサックの悪評止まず…ギャラ低すぎて宮迫陣営へ流出?

もっと見る